ホーム  > オンライン書店・本屋  > 大日本印刷、文教堂を連結子会社化

2010 .05 .15

大日本印刷、文教堂を連結子会社化

大日本印刷、書店大手 文教堂を連結子会社化(マイコミジャーナル)
大日本印刷は5月14日、同日開催の取締役会にて文教堂グループホールディングス(以下、文教堂)が実施する第三者割当増資の全株を引き受けることを決議。2010年5月31日付で文教堂を連結子会社化し傘下に収めると発表した。
文教堂まで取り込んだのか…。

小売りチャネルだけでも既にビーケーワン(TRC)、ジュンク堂、丸善を傘下に納め、そしてブックオフと青山ブックセンターへは筆頭株主として大きな影響力を持つDNP。こんな巨大なコングロマリットは過去類を見ないですよね。

とはいえ目立ったシナジーは丸善、ジュンク堂で実施するデジタルサイネージくらいしかまだ見えてきませんが。
同社は、「同事業を強力に推進するためには、中・小型店舗を主体とした書店網を保有する文教堂との強力が有効」と判断。今回の第三者割当増資を引き受けることとしたとしている。
電子書籍や委託・再販の制度疲労など、対応を迫られる変化にこの巨大な組織をどのように活かすのか。目が離せません。

▼参考リンク
ニュースリリース(大日本印刷株式会社:PDF)
グループ会社(DNP 大日本印刷株式会社)

▼関連エントリー
丸善とTRC、共同持ち株会社「CHIグループ」を設立
音羽、一ツ橋、DNPがブックオフの筆頭株主に
主婦の友社、大日本印刷の子会社に
ジュンク堂書店が大日本印刷の子会社に
丸善と図書館流通センターが経営統合
丸善と大日本印刷が資本・業務提携、DNPが丸善の筆頭株主に
ブックオフが青山ブックセンターの親会社に

« 『マンガで分かる心療内科』第1巻が発売 | ホーム | 「日本で販売されるiPadでは海外SIMが利用できる」? »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ