ホーム  > オンライン書店・本屋  > 本や出版のこと  > 丸善とTRC、共同持ち株会社「CHIグループ」を設立

2010 .02 .03

丸善とTRC、共同持ち株会社「CHIグループ」を設立

「返品のない書店目指す」 丸善などのCHIグループが発足(MSN産経ニュース)
大日本印刷傘下の丸善と図書館流通センター(TRC)の両社は1日付で共同持ち株会社「CHI(シーエイチアイ)グループ」を設立した。同日、社長に就任した小城武彦丸善社長ら首脳が記者会見し、小城社長は「出版業界の活性化に貢献したい。両社の強みを生かし、返品のない書店作りを目指す」と抱負を述べた。
「CHI」てどんな意味あるんだろ。リリース見ても書いてないんだよなあ。
CHIグループは1日付で東証一部に上場。平成23年1月期連結業績は、売上高が1300億円、営業利益6億9000万円、最終利益は6億4000万円を見込む。
ともあれ上場おめでとうございます。石井さんは別に上場なんて興味なかったかも知れないけど。まあ、おめでたいかなと。それと、お元気そうで何よりです。。。

上場したとはいえ、このご時勢で潤沢な資金が集まるとも思えず、業績厳しい丸善をどう再建していくのか、課題山積。
小城社長は「返品率を下げて利益が出るようにする。改革にあたって丸善の外見が変わるかもしれない。これまでと発想を大きく変える」と述べた。さらに電子化への取り組み、図書館からの業務委託の業務拡大-などを課題として挙げた。
ちょっとドキドキな発言だけど、収益性の改善は急務ですよね。

個人的には、すごく勉強させてもらったTRC(bk1)と母親がお世話になった丸善が合わさった会社なだけに何かしら応援したい気持ちです。

がんばれー。

▼参考リンク
CHIグループ株式会社
DNPグループの教育・出版流通事業強化に向けた子会社3社の経営統合と書籍販売における業務提携について(DNPニュースリリース)

▼関連記事
大日本印刷、丸善とTRCの持ち株会社を発足(NIKKEI NET)
公共図書館向け配本のTRCは独自の受発注システムで返本率を13%台に抑えているが、丸善は3割台のもよう。小城社長は「出版市場の低迷は返本の自由な委託販売制が原因。店舗で本を極力売り切り、出版社や書籍取次と利益をシェアしたい」と語った。平積みなど過剰な書籍納入を抑え、マーケティングを強化した書店経営を目指す。
▼関連エントリー
丸善と図書館流通センターが経営統合

« 楽天、百度と提携し中国進出へ | ホーム | 官報を無料で全文検索できる「官報検索!」リリース »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)

いねぞ:

CHIグループのWebページの社長の挨拶に社名の由来が書いてありましたよ。
”社名も、「知」をローマ字に置き換え、グローバルに「知」を創発していく企業集団たらんと”とのことです。

自分もどんな意味か知りたかったので(笑)

いねぞ さん

コメントありがとうございます。

書いてありますね。見落としてました…。思った以上にベタでしたw

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ