ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > 官報を無料で全文検索できる「官報検索!」リリース

2010 .02 .03

官報を無料で全文検索できる「官報検索!」リリース

1カ月以内の官報を無料で全文検索、satoru.netが開発・公開(INTERNET Watch)
犯行予告の集積・共有サイト「予告.in」などの開発で知られる矢野さとる氏(satoru.net)が1月29日、無料で官報の全文検索が行えるサイト「官報検索!」を公開した。
官報検索! 官報を全文検索できる無料サービス「官報」ってすごくニッチではあるけど、手堅いニーズがあるところ。

さとるさんの着眼点がいいわけだけど、むしろ「検索できないものを検索できるように」というコンセプトがすばらしい。
「官報検索!」では、1カ月以内に発行された官報を対象に全文検索が行える。また、あらかじめキーワードとメールアドレスを登録しておくことで、当日の官報内にキーワードが含まれた際にメールで通知してくれる機能も用意した。
なにせインターネット版「官報」の使いにくさは異常。
インターネット版「官報」では官報が無料で公開されているが、PDFが1ページごとに分割されている。網羅的な全文検索を行いたい場合には、有料の検索サービスに会員登録する必要があった。「官報検索!」では、検索対象が1カ月以内のものに限定されるが、手軽に全文検索できる。
会員登録て、有料で郵送ですよ。ネットのサービスなのにありえん。紙の官報は全文検索なんて当然できないし。元本屋からすれば官報は利益ほぼゼロだからね。手間賃にもならない。当然買い切りで返品不可。

国民の利便に供するために提供しているって建て付けなんだけど、だったらもっと使いやすくなきゃ。国は周知する義務があるわけだからね。

「官報検索!」の検索範囲が直近1ヶ月だけじゃ使えないとか色々不満もあるかも知れないけど、元々が使いづらいデータだし。お上に釘刺されるかもしれないサービスを果敢にリリースされたのはすばらしいです。

▼参考リンク
官報検索!
官報を無料で全文検索できる『官報検索!』を公開したよ(satoru.netの自由帳)

« 丸善とTRC、共同持ち株会社「CHIグループ」を設立 | ホーム | ソフトバンクの電報事業がサービス開始 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ