ホーム  > 気になるニュース  > 楽天  > 楽天、百度と提携し中国進出へ

2010 .02 .02

楽天、百度と提携し中国進出へ

楽天、中国のEC事業に参入。Baiduと合弁会社設立で(INTERNET Watch)
楽天は27日、中国Baidu(百度)との間で、中国におけるインターネットショッピングモール事業に関する合弁会社設立で合意したと発表した。当局の許認可を前提に、2010年後半をめどにサービスを開始する予定だ。
ふぅ。すごいな。こんな手があるんだ。
合弁会社では、Baiduが持つ中国国内における集客力とマーケティング力、楽天が持つECプラットフォーム技術とショッピングモール運営のノウハウを組み合わせ、中国国内で最大規模のインターネットショッピングモールを目指す考えだ。
検索エンジンのバイドゥとショッピングモールの合弁なんてどんなカタチになるんだろ。バイドゥの検索結果に楽天の商品が現れる??

楽天主導のショッピングモールを展開するにしてもバイドゥがどう関与するのかイメージできないなぁ。
合弁会社では、Baiduが持つ中国国内における集客力とマーケティング力、楽天が持つECプラットフォーム技術とショッピングモール運営のノウハウを組み合わせ、中国国内で最大規模のインターネットショッピングモールを目指す考えだ。
バイドゥにしても検索エンジン以外の事業ドメインを模索してるのかも知れない。まあ楽天の物販に何らかの形で関与して報酬を得る広告モデルかも知れないけど。

いずれにしても中国は巨大な市場規模とはいえ、国家の規制が異常に強い統制社会。
どんな展開を見せるのか興味深いですね。

▼参考リンク
百度(Baidu)との合弁会社設立による中国へのEC事業の進出について(楽天ニュースリリース)

▼関連記事
楽天の中国進出、圧倒的な競合に勝つには「成長の速度」が鍵(サーチナ)

« 楽天ブックスがまたしても送料無料を延長、4月1日まで | ホーム | 丸善とTRC、共同持ち株会社「CHIグループ」を設立 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ