ホーム  > 気になるニュース  > 今夏の気温、統計期間113年の最高記録を更新

2010 .09 .02

今夏の気温、統計期間113年の最高記録を更新

今年の夏やっぱり暑かった… 113年間の観測史上最高(asahi.com)
気象庁は1日、この夏(6~8月)の日本の平均気温が統計を取り始めた1898年以降で最も高かった、と発表した。平年より1.64度高く、同庁は3日に専門家を集めた異常気象分析検討会を開くことを決めた。
都市化によるヒートアイランドの影響を考慮した観測地点(参考リンク参照)の平均で過去最高なわけなので、日中の体感気温はそれ以上ですよね。

そりゃ熱疲労(熱中症)にもなるわ…。

読売新聞の記事にもあるけど、夕方から夜にかけて熱中症で亡くなる方が少なくありません。ぼくはまさに夕方でした。死ななくてよかった。
熱帯夜は夜間や未明の熱中症被害にもつながっており、都監察医務院の28日までの集計では、都内で熱中症で死亡したとみられる126人のうち、死亡時刻が分かっている人の4割にあたる35人が午後5時~午前5時までに死亡していた。
陽の出ている日中は注意してても、日没後も気温が下がってないので油断は禁物。
油断して熱中症になりましたからね。ええ。

少なくとも35度くらいの気温は9月半ばくらいまでは続くようなので、水分補給や室温調整に注意を払いましょう。

▼参考リンク
平成22(2010)年夏の日本の平均気温について ~今夏の日本の気温は統計開始以来、第1位の高温~(気象庁)
日本の平均気温の平年差の算出にあたっては、長期間にわたる気温観測データが存在し、都市化による影響が少ない次の17地点の気象観測所を日本の平均気温算出地点として採用しています。

網走、根室、寿都(すっつ)、山形、石巻、伏木(高岡市)、長野、水戸、飯田、銚子、境、浜田、彦根、宮崎、多度津、名瀬、石垣島
▼関連記事
東京の熱帯夜、48日目を記録 観測史上最多(asahi.com)
気象庁によると、東京都心で31日、最低気温が25度以上となる「熱帯夜」の日数が今年48日目を記録し、1994年を抜いて、観測史上の最多記録を更新した。この日の都心の最低気温は27.5度、最高気温は35.8度。
▼関連エントリー
7、8月の都心の猛暑日、歴代2位を記録
東京都心、3年ぶりに37度超え
7月の気温、過去最高の「猛暑」を記録
今年の暑さは世界規模
東京都心、21日から4日連続の「猛暑日」
本日、全国で30度以上の真夏日を記録

« 猛暑だとパンクが増える? | ホーム | ブログサービス「Vox」、10月1日でサービス終了 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)

かたな:

私のお店には、クーラーなる物は、ございません。
地球温暖化と言ってるので付けません。
熱いです。
熱中症に毎年かかってもおかしくないですが、
かかりません。
僕の体がおかしいのですか?

ところで、
どっちなんですかね、温暖化、気を付けるの?
それとも自分たちが今快適に成るようにしたいの?

>地球温暖化と言ってるので付けません。
うそーん。そうなんですか?
ぶっ倒れたら元も子もないので気をつけたほうがいいですよ。。。

人間の活動が温暖化に与える影響はある程度あるんでしょうけど、そもそも地球上に
人間が多すぎると思うのですよ。

人口増加のペースが変わらず文明的な生活を欲するのであれば、それは人類の自己否定になるのではないかと。

個人的には、自己否定したくないなら、ある程度気を配る位しかやりようがないと思いますけどね。

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ