ホーム  > 気になるニュース  > 猛暑だとパンクが増える?

2010 .09 .01

猛暑だとパンクが増える?

猛暑でパンクやガス欠が増加 お盆のJAF出動件数(MSN産経ニュース)
お盆期間(7~15日)にタイヤのパンクや燃料切れで日本自動車連盟(JAF)が出動した件数が前年よりも増えたことが26日、分かった。連日続いた猛暑や、高速道路を中心とした長い渋滞の影響が考えられる。
むむむ。猛暑だとパンクが増える?
JAF広報部は「猛暑で路面が高温となりタイヤがパンクしやすくなったほか、渋滞で予想地点に到達する前に燃料切れになったのではないか」と分析している。
この書き方だと、正常なタイヤでもパンクするかのようなんだけど…。

JAFの解説にもあるように、基本的にはチェックが行き届いてないタイヤが「高温の影響もありパンクしやすい」じゃないの?

» ロードサービス トラブルの傾向と対策:タイヤ(JAF)
check1 空気圧チェック
check2 残りミゾチェック
check3 傷・偏磨耗チェック
check4 ガタチェック
check5 応急タイヤチェック
check6 走行中の注意点
check7 駐車時の注意点
事実を淡々と報ずるのはいいんだけど、「じゃあどーすりゃいいのさ?」って不満が残る記事はちょっといただけないなあ。
全体ではバッテリー関連が最も多かったが、高速道路に限るとタイヤのパンクによる出動が最多で、次いで燃料切れだった。
走行しないでエアコンつけっ放しだとバッテリーは放電するばかりなのでそりゃ上がっちゃう。渋滞にはまったらエアコン切る方が無難ですよ。燃料切れも、今どきのクルマは燃料系があるからちゃんと確認しないでガス欠する方が悪い。早め早めで給油しとかないと。

ということで、出発前の確認はちゃんとしましょーねってことですね。

事前に確認もした、ちゃんとしたタイヤでパンクしちゃったら、、、
そりゃしょーがないからJAFの出番でしょ。

▼参考リンク
お盆期間のJAFロードサービス出動件数は減少(JAF)

« 東京拘置所の死刑場、公開される | ホーム | 今夏の気温、統計期間113年の最高記録を更新 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)

かたな:

点検、しないでしょ。
車検取ってれば動くわけだし
そんなこと起こる分けないと思ってますからね。

今時の車は壊れないですからね日本車なら。

無頓着になりますって。

壊れる車売れば確かめるかもねー。

点検、しないですかねぇ。そんなにJAFに貢献しなくてもねぇ。

まあ聞く耳持たない人におせっかいする気はないけど、知らないでヤな思いしてる人がいるかも知れないのでこうして小声で囁いてますですよ。

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ