ホーム  > 気になるニュース  > 東京都心、3年ぶりに37度超え

2010 .08 .18

東京都心、3年ぶりに37度超え

猛暑連日 東京都心で3年ぶり37度超え(asahi.com)
日本列島は17日も太平洋高気圧に覆われ、全国的に酷暑となった。三重県桑名市と東京都練馬区で38.2度を記録したのを始め、気象庁の観測地点921カ所のうち142カ所で35度以上を記録。東京都心(千代田区)でも最高気温が37.2度となり、2007年以来3年ぶりに37度を超えた。
そうだよねぇ。暦の上では残暑だけど、昨日、今日は暑いというか、会社の外に出たら空気が熱気をはらんでたもの。

日陰にいても熱気を感じるってのはあまり経験した覚えがないかな。。。

まあ「覚えがない」とかってあやふやなのはヤなのでこうしてメモしてる。
ブログを続ける限り、ログは自分の手元に残るからね。

▼関連記事
熱中症の搬送者、3万人超す 最多は愛知の2530人(asahi.com)
東京23区内の異状死事案の死因を調べている都監察医務院によると、都内が梅雨明けした7月17日から今月16日までの1カ月で、23区内で熱中症によって亡くなった人の数は少なくとも100人に上った。うち91人が65歳以上の高齢者で、大半が屋内で死亡。1年間の熱中症による死者数の統計を取り始めた1946年以降、すでに最多となっている。
▼参考リンク
アメダス(気象庁)

▼関連エントリー
7月の気温、過去最高の「猛暑」を記録
今年の暑さは世界規模
東京都心、21日から4日連続の「猛暑日」
本日、全国で30度以上の真夏日を記録

« ガンダムの操作マニュアル(PDF)がウェブで公開中 | ホーム | 記録的な猛暑による、深刻な状況 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ