ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > mixi CTOバタラさん、退社

2007 .12 .19

mixi CTOバタラさん、退社

mixi生みの親・バタラさんが退社(ITmedia News)
mixiの生みの親で、ミクシィCTOで取締役の衛藤バタラさんが、12月末日付けで同社を退社する。「新たなサービスを生み出すことに挑戦したいという本人の意向で」退社が決まったという。
2003年にインターンとしてイー・マーキュリー(現ミクシィ)に参加したバタラさんが笠原社長にSNSの存在を知らせたことが mixi のはじまり。2003年12月に開発をはじめて3ヶ月後の2004年2月に mixi がサービスイン。まさに生みの親であり、そのスピード感には感服します。

サービス開始後、順調に増えるユーザー数に伴い増大する負荷対策を担ってきたのもバタラさんでした。

ミクシィを退社する理由は「新たなサービスを生み出すことに挑戦したい」ということなので根っからの技術者なんでしょうね(会ったことはないけど)。それと技術だけじゃなくて「使ってもらえるサービス」を作り上げたことが大きかったんでしょうね。

ミクシィが株式公開した今、それなりの資産があるでしょうから悠々自適な暮らしも出来るんでしょうけど、一度評価される、使ってもらえるサービスを作ってしまうともう止まっていられないでしょうね。まだ28歳(!)だし。

バタラさん、ステキなサービスを作って日本に広めてくれてありがとう。
これからどんなサービスを送り出してくれるのか期待してます。

▼関連記事
ミクシィ:バタラ・ケスマ氏 -新しい技術を社会に浸透させていくことがイノベーション-(ZDNet Japan)
ミクシィのCTOが語る「mixiはいかにして増え続けるトラフィックに対処してきたか」(ITpro)

▼関連エントリー
なぜmixiはこれほど成功したのか──笠原社長が明かす開発秘話
ミクシィ笠原社長に聞く、上場の狙いとmixiのリスク管理
ミクシィ500万人突破 サービス開始2年半 楽天規模に急成長
サイト利用時間シェアとページビューシェアでmixiが3位に

« 『フリーターが生きのびるための手帳』 | ホーム | ウィルス性胃腸炎 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ