ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 今年の漢字は「絆」

2011 .12 .12

今年の漢字は「絆」

「今年の漢字」はやっぱり「絆」(YOMIURI ONLINE)
2011年の世相を表す「今年の漢字」に「絆」が選ばれ、清水寺(京都市東山区)で12日、森清範(せいはん)貫主が特大の和紙に揮毫(きごう)した。
「今年の漢字」は「絆」とあいなりました。充分に納得です。
今年は過去最多だった昨年より21万票以上多い49万6997票が集まり、「絆」が6万1453票を得た。東日本大震災や台風12号など相次いだ災害で再認識された家族や仲間、地域とのつながりの大切さや、サッカー女子ワールドカップ(W杯)で優勝した「なでしこジャパン」のチームワークの良さなどを理由に挙げた人が多かった。
2009年に発覚した漢検理事の不祥事なんてこともありましたが、「今年の漢字」は1年を締めくくる風物詩としてすっかり定着した感があります。今年は震災、原発事故とそれに続く節電など、暮らしが大きく一変した年でもありました。

個人的にはぼくも、家族はもとより、震災後しばらくしてから電話が通じて地元の友人の無事が確認できたあの時、命の「絆」を実感しました。

ともすれば不安に苛まれ、希望を抱けない感情になってもおかしくない社会情勢の中で、「今年の漢字」に過去最大の応募があったこと、そして「絆」を思い描いたひとが大勢いたことに、何やら日本人でよかったという思いを持ちました。
2位以下も「災」「震」「波」など災害の影響を反映した字が多かった。揮毫された「絆」は13~31日、同寺本堂で公開される。
不安な心情そのままの漢字もあったわけですが、それを上回る票を得たのは「絆」。この国は政界も財界もダメだけど、国民は捨てたもんじゃないですね。

そういえば去年、今年のキーワードとして「結」と「生」を挙げていました。
思ってたのとは少し意味合いが違うけど、的を得ちゃいましたね…。

来年は大きく前を向いて進めることを願って、「希」をキーワードにして、この国でがんばってみたいと思います。やっぱり希望を持たないとね。

▼参考リンク
「今年の漢字」(財団法人 日本漢字能力検定協会)
2011年「今年の漢字」トップ20(財団法人 日本漢字能力検定協会)

順位漢字票数
1位61,453票12.36%
2位28,648票5.76%
3位26,972票5.43%
4位17,832票3.59%
5位14,011票2.82%
6位12,948票2.61%
7位10,285票2.07%
8位8,196票1.65%
9位7,979票1.61%
10位7,694票1.55%
11位7,302票1.47%
12位7,224票1.45%
13位7,029票1.41%
14位6,701票1.35%
15位6,669票1.34%
16位6,239票1.26%
17位5,798票1.17%
18位5,147票1.04%
19位4,673票0.94%
20位4,300票0.87%

▼関連エントリー
今年の漢字は「暑」(2010)
今年の漢字は「新」(2009)
今年の漢字は「変」(2008)
今年の漢字は「偽」(2007)

« 次回の皆既月食は、「2014年10月08日」 | ホーム | 地震、津波などの発生をプッシュ通知する、ヤフー「防災速報」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ