ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > フォーブス「世界長者番付 2011」

2011 .03 .10

フォーブス「世界長者番付 2011」

世界長者番付、ビル・ゲイツ氏は今年も2位 Facebook CEOが大きくランクアップ(ITmedia News)
毎年恒例のForbes長者番付で、最年少億万長者であるFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOが前年の212位から52位に大幅ランクアップ。グリーの田中社長も721位から540位へと上昇している。
ご時世的にFacebookのマーク・ザッカーバーグが大幅に資産を増やしたのは順当でしょうね。26歳で1兆円以上の資産て、世の中どんな風に見えるのかなあ…。

ところで去年躍進して目を引いたのがファストファッションブランドのお二人。
ZARAのアマンシオ・オルテガ(7位)とH&Mのステファン・パーション(13位)は共に去年と同程度の位置にランクインしているものの、資産の増加量はやや緩やかになったようです。それでも充分に持ってますけどね。
それと去年11位につけていたIKEAのイングヴァー・ カンプラッドは20位以内から消えちゃいました。どうしたんだろ。

企業のトップの資産が企業の業績を直接に表しているわけではないけど、時代の趨勢が見えるようで興味を惹くところです。
日本のIT業界関係者では、ソフトバンクの孫正義社長が113位(推定資産81億ドル)、楽天の三木谷浩史社長が182位(同56億ドル)、任天堂相談役の山内溥氏が232位(同46億ドル)、GREEの田中良和社長が540位(同22億ドル)となっている。田中氏は前年の721位(推定資産14億ドル)から大きく上昇している。
日本人もそれなりにランクインしています。

ザッカーバーグ程ではないにしても、もう少し若い世代が出てこれれば、この国に漂う閉塞感も少しは晴れるのかな、と期待してみたりもします。

▼参考リンク
フォーブス世界長者番付・億万長者ランキング 2011年(世界編)(MEMORVA)
フォーブス世界長者番付・億万長者ランキング 2011年(日本編)(MEMORVA)

▼関連エントリー
フォーブス「世界長者番付 2010」
フォーブス「日本の億万長者 2009」
「日本の資産家ベスト40」2009

« ケータイユーザーの6割が「現在の携帯電話に満足している」 | ホーム | NHK各放送局災害情報 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ