ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > フォーブス「世界長者番付 2010」

2010 .03 .14

フォーブス「世界長者番付 2010」

世界長者番付1位はメキシコのカルロス・スリム氏(フォーブス調べ)(ゆかしメディア)
世界の長者番付が10日発表され、1位はメキシコの大富豪カルロス・スリム氏だった。常連のビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットの両氏を抑え、1994 年の堤義明氏以来16年ぶりに米国外からの首位獲得となった。大富豪の総資産は前年比約50%増の約3兆6000億ドルに達した。
不景気とはいえ前年比+50%。持ってるひとは持ってますねぇ。

世界で見ると、マイクロソフトとウォルマートが多いのは昨年同様なものの、ファストファッションのアマンシオ・オルテガ(ZARA)とステファン・パーション(H&M)がランクインしてるのが興味深い。世界ランク89位にはユニクロの柳井さんが日本人1位としてランクインしてますね。ヴィトンなんかを擁するLVMHのベルナール・アルノーが7位につけてるけど、高級ブランドとしてはそのくらい。世相でしょうかね。

33歳の若さで今回ランクインしたGREEの田中さんは総資産14億ドルですって。
世界長者番付:世界の富豪、27%増 33歳「グリー」社長も(毎日jp)
日本人からは新たに会員制交流サイトを運営する「グリー」の田中良和社長が富豪の仲間入りをした。田中社長は33歳。今回の長者番付の中では2番目に若く、総資産は14億ドルだった。
Facebookのマーク・ザッカーバーグは25歳と最年少で総資産40億ドル。SNSの流行を受けてのことだけどアメリカンドリームはいまだ健在ということでしょうか。

同じく毎日jpの記事から。
同誌は保有資産10億ドル超の資産家を「富豪」としている。08年秋以降の金融危機で、昨年793人まで減っていた富豪数は、景気回復の兆候を受けて、前年比約27%増の1011人に達した。国別では中国が昨年の28人から64人に急増。インドも24人から49人に増えたほか、日本も17人から22人に増加した。
アメリカンドリームも健在なれど中国、インドの興隆は目を見張るものがあります。日本の億万長者も人数では増えてるけど、国としての勢いはいささか心もとない。

やっぱり少子高齢化に手を打てないとどうにもならないよなぁ。。。

▼参考リンク
フォーブス世界長者番付・億万長者ランキング 2010年(世界編)(MEMORVA)
フォーブス世界長者番付・億万長者ランキング 2010年(日本編)(MEMORVA)

« ブックオフオンライン、4月上旬よりサービス拡充 | ホーム | 伊勢丹吉祥寺店、39年の歴史に幕 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ