ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 高速道路の上限1,000円、今年のお盆は土日だけ

2010 .07 .08

高速道路の上限1,000円、今年のお盆は土日だけ

高速道の休日1千円、今夏はお盆期間も土日だけ(asahi.com)
国土交通省は6日、お盆期間を含む8月の高速道路の料金について、ETC搭載車の「休日上限1千円」の値下げは平日には適用せず、土日に限ると発表した。お盆前後では7、8両日と14、15両日が適用日となる。
むむむ。8月14,15日といえば、一般的にお盆休みの最終日になるんじゃないでしょうか。上限1,000円の割引きをアテにすると渋滞が集中しそうです。

去年のお盆期間は8月6日から9日と、8月13日から16日の計8日間が上限1,000円だったので割引き期間は半減してます。
衆院選を控えた昨夏、自公政権は「お盆時期の交通集中を分散させる」として、お盆前後の平日の4日間も値下げした。しかし、お盆時期の10キロ以上の渋滞は前年より6割増えた。前原誠司国交相は6日、「(昨年は)帰省利用の分散効果よりも、むしろ交通量全体が増えて激しい渋滞が起きた」と説明した。
とはいえ、元々が社会実験の段階なので前回の効果を踏まえてチューニングするのは妥当ですね。
無料化は6月28日にスタート。同29日と、1週間前の22日の交通量を分析した結果、50区間すべてで、並行する一般道の交通量が減少していた。一般道の交通量が最も減ったのは、長野、岐阜県境を結ぶ安房峠(あぼうとうげ)道路に並行する国道158号で、実験前より6割近く減少。神奈川県の西湘バイパスに並行する国道1号も4割ほど減った。
まあ上限1,000円は8月の土日すべてに適用されるし、今年は全国37路線の高速道路を無料とする施策も走っているのでおトク度は増してます。

せっかくの実験なので夏休みのおでかけに活用したいところですね。

▼参考リンク
大臣発言(国土交通省)

▼関連エントリー
Yahoo!地図が「高速無料区間」を反映したデザインへ
高速無料37路線、6月28日から実施へ
お盆の高速、「ガス欠」が前年比36%増加
お盆の渋滞、昨年比2~3倍増の見込み
お盆の平日も「高速1,000円」
休日特別割引の新料金を検索できる「高速.jp NEXT」

« ゆうパックの遅配、いまだ解消に至らず | ホーム | 季節は太陽と地球の距離から生まれる? »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ