ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > ゆうパックの遅配、いまだ解消に至らず

2010 .07 .07

ゆうパックの遅配、いまだ解消に至らず

ゆうパック遅配「一過性の問題と」 混乱収まらず公表(asahi.com)
宅配便「ゆうパック」で大規模な配達の遅れが起きていることについて、郵便事業会社(JP日本郵便)が4日、初めて遅配の状況を明らかにした。遅配が26万個にものぼりながら、公表が遅れたことについて、会見した鍋倉真一社長は「一過性の問題のため」と繰り返した。
元記事は4日付けですが、どうにも社長の発言が気になったので。
あまりに呑気な姿勢なので略歴を見たら、この人ほぼ郵便一筋のお役人なんですね。

» 役員一覧 鍋倉眞一(日本郵便)

エンドユーザーに接したことがないのか。そりゃダメだわ。

今回の遅配を受けて配送業者の変更に着手した企業は報道されてるだけでも、大丸東京、小田急百貨店、ダイエー、アマゾンと、そうそうたる面々。
関係者によると、2日夜の時点で遅配の事実を公表するべきだという意見もあった。ただ、混乱は「従業員の不慣れが原因で、土日で回復できる」(鍋倉社長)と判断。一般への周知はせず、大口の法人顧客にだけ、遅配の事実を知らせたという。
エンドユーザー(荷物の受け取り手)はそっちのけで大口法人にはアナウンスしたのに、結果として大口顧客の離反を招く始末。

昨日テレビのニュースで社長の記者会見を見たけど、発言の内容が前のエントリーで引用した日本郵便幹部の発言と一字一句同じだったんですよね。甘いどころか、顧客無視ですわ。

信用を築くのは一朝一夕にはいかないけど、信用を失くすのは一瞬。
つくづく、反面教師にしないといけない事例ですね。

▼関連記事
大丸東京、ゆうパックから一部乗り換え…遅配で(YOMIURI ONLINE)
大丸東京店(東京都千代田区)では、今月2日以降に発送した期日指定の中元商品など約2000個について、ゆうパックから別の宅配業者に変更する手続きを行った。同店によると、遅配のトラブルは起きていないが「顧客に迷惑がかからないための対応」としている。小田急百貨店(新宿区)でも、商品の一部に遅配が出たため、期日指定の商品について一時、別の宅配業者に振り替える措置を取ったという。
ゆうパック遅配32万個に…他社切り替えも(YOMIURI ONLINE)
日本郵政グループの宅配便「ゆうパック」で荷物の遅配が発生している問題で、郵便事業会社は5日、新たに約6万個の遅配が判明したと発表した。

遅配の総計は計32万個に上る見通し。

中元商品の約半数をゆうパックで発送しているダイエー(本社・東京都江東区)は、配達が遅れている生鮮品について、再配達の手続きを取った。「今後、必要になれば他社への切り替えも検討する」としている。ネット通販大手の「アマゾンジャパン」(渋谷区)は、ゆうパックでの発送分を他の宅配便業者に変更。広報担当者は「一時的な措置だが、いつもとに戻すかは決めていない」とした。
ゆうパック遅配26万個 損害賠償に応じる方針(asahi.com)
郵便事業会社(JP日本郵便)の宅配便「ゆうパック」で、大規模な配達の遅れが起きている問題で、鍋倉真一・日本郵便社長が4日に記者会見し、配達が遅れた荷物は1日から4日までに約26万個にのぼることを明らかにした。今週前半には正常に戻る見通しだという。生鮮食品が傷んだり、期日通りに届かなかったりした場合は損害賠償に応じる方針だ。
▼関連エントリー
ゆうパックに大規模な遅配が発生中

« 7月7日は「サマーバレンタインデー」 | ホーム | 高速道路の上限1,000円、今年のお盆は土日だけ »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ