ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 連休初日、アクアラインの通行量は35%増加

2009 .03 .23

連休初日、アクアラインの通行量は35%増加

アクアライン1000円、初日盛況 千葉側には不安も(asahi.com)
高速道路料金値下げに先行して、東京湾アクアラインと、3本の本四架橋で20日、土日・祝日に限ってETCで支払う通行料が千円となった。このうち、ETCでの通行料が半額以下になったアクアラインでは午後4時までの通行量が約2万6千台と、前年同時期を約27%上回った。
NIKKEI NETの記事によると、アクアライの交通量は前週末比35%増加だそうです。値下げ効果、分かりやすいですねぇ。まあ段階的に値下げをしつつもそれでも高いという感じではありましたが。
アクアラインは97年の開通時、普通車4千円という通行料が足かせで利用が低迷。00年に3千円、02年にはETC車限定で2320円と段階的に引き下げられた。07年8月からは通勤時間帯に限りETC車は1500円に。
古くは「ふるさと創生一億円」あたりですかね。力ずくで創り出した需要は程なく破綻することをこの国は何度も経験したハズです。

木更津市長が仰っているように、地力をつけるキッカケとして冷静に受け止めることが大事でしょうね。決して一過的な特需に惑わされないように…。

▼関連エントリー
「ETC助成」期限を撤廃し、対象台数を100万台まで拡大
首都高速道路、ETC車載機を無料配布。ただし取り付け料金は必要
高速料金「一律1,000円」、4月29日より完全実施
高速道路が上限1,000円と大幅値引きへ

« 「ETC助成」期限を撤廃し、対象台数を100万台まで拡大 | ホーム | アマゾンが「宮崎グルメフェア」開催 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ