ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 「国の借金」846兆円、国民1人あたり663万円に

2009 .02 .14

「国の借金」846兆円、国民1人あたり663万円に

「国の借金」846兆円に 08年末、1人あたり663万円(NIKKEI NET)
財務省は10日、国債と借入金、政府短期証券を合計した「国の借金」が2008年末時点で846兆6905億円になったと発表した。昨年9月末に比べ3兆 4111億円増加した。1人当たりの借金は、09年初時点の人口推計の1億2765万人で計算すると、約663万円に達した。
日本は年齢構成比で40歳以下の人口が40歳以上より少ないんですよね。いや、これはどうやって返済していくんでしょうねぇ…。

なんで増えたかっていうと相も変わらず景気対策のための財源なんですけど。
内訳をみると、国債は9月末に比べ1兆3087億円多い681兆5656億円。借入金も同2143億円増の56兆2470億円だった。一時的な資金不足を補う政府短期証券は1兆8882億円増えて、108兆8779億円となった。
これまでみたいな道路ばっかり作って特定業界だけの景気対策、ってことにはして欲しくないな。

オバマのグリーン・ニューディールじゃないけど、ソーラーパネルの設置に助成金を出すための財源にするとか(今もあるけど、まだまだ高くて手が出ない)、出産・育児支援のための財源にあてて欲しい。借金返すために子供産むのはヤダけどね。

政治家はステークホルダーの代弁者でしかないので、ぼくらがもっと意見・要望を出して伝えていかなきゃいけないんですよね。

▼関連エントリー
国債残高が過去最大、国民1人当たり630万円の借金に
国の借金、またも過去最高を更新
国の借金残高781兆円、過去最高を更新



« 東京に「春一番」 | ホーム | 漢検が検定の「格付け」財団を設立していた »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ