ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 漢検が検定の「格付け」財団を設立していた

2009 .02 .15

漢検が検定の「格付け」財団を設立していた

漢検、各種検定の「格付け」財団を設立 業界主導狙う?(asahi.com)
「もうけ過ぎ」と指摘されている財団法人・日本漢字能力検定協会(京都市)が昨年12月、2億円を拠出して、全国に数多くある検定の信頼性を評価する財団法人を設立していたことがわかった。
格付けって「お墨付きビジネス」とか「家元ビジネス」に似てますよね。是非はともかく、商売としての着眼点はすばらしい。すごい権力持てちゃいますからね。

漢検側の目的も正にそのようで。
協会関係者は「検定業界の主導権を握る狙いから新財団を設立した」と話している。
てか素直なコメントだな。もう少しオブラートにくるんでもいいのでは…。

« 「国の借金」846兆円、国民1人あたり663万円に | ホーム | バチカン、ガリレオを称え初のミサを開催 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ