ホーム  > 気になるニュース  > 科学  > バチカン、ガリレオを称え初のミサを開催

2009 .02 .15

バチカン、ガリレオを称え初のミサを開催

死後367年、名誉回復 バチカンがガリレオたたえ初のミサ(MSN産経ニュース)
ローマ法王庁(バチカン)は15日、イタリアの科学者で天文学の父とされるガリレオ・ガリレイ(1564~1642年)をたたえるミサを死後367年たって初めて、ローマのサンタマリアデリアンジェリ教会で行った。
おお。21世紀になってようやくガリレオも報われましたかね。

依然「進化論」は否定してますけど、去年ローマ法王が地動説を公式に認めたりと、カトリック教会も時代に沿った変化を試みているようですね(まあ今さら感もありますけど)。

ガリレオ―はじめて「宇宙」を見た男 (「知の再発見」双書)
ジャン=ピエール モーリ 田中 一郎
創元社
売り上げランキング: 112607


« 漢検が検定の「格付け」財団を設立していた | ホーム | 昨年より9日早く、花粉シーズン到来 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ