ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 国債残高が過去最大、国民1人当たり630万円の借金に

2008 .12 .26

国債残高が過去最大、国民1人当たり630万円の借金に

国債残高 1人当たり630万円(FujiSankei Business i)
国と地方の借金にあたる長期債務残高の合計は2009年度末で804兆円と、08年度末に比べて17兆円膨らむ見通しだ。過去最大で、国民1人当たりに換算すると赤ちゃんを含めて約630万円の借金を背負う計算だ。
GDP(国内総生産)に対して約1.5倍もの借金を負う日本。2009年度末の国債発行残高は、前年度を18兆円(!)上回る581兆円に達し、1分間に約1,792万円の利息が発生している状況だそうです。もう危機的を通り越して麻痺状態…。

経済成長を超える借金なんてあり得ないですから。ご利用は計画的にって言うじゃないですか。焼け石に水だけど定額給付金なんてやっぱりいらないから借金減らして。

国の借金は結局ぼくらに全部乗っかってくるわけなんですよねぇ…。

ローリスクローリターンの投資として国債は買ってるけど、かなーり価値も目減りしちゃってますもんねぇ。
公債と借入金などをあわせた長期債務残高の内訳は、国が16兆円増えて607兆円、地方が横ばいの197兆円となる。
後世、国家政策が問われると思うんですけど、その前に日本が破綻しちゃうのは何とか避けてもらいたいところです。。。

▼関連記事
国債安定消化へかじ取り難しく 財務省、09年度に市場で増発(NIKKEI NET)
財務省が2009年度に市場で発行する国債が4年ぶりに増加する。今年度の当初計画に比べて発行額を8兆2000億円増やす計画。日本経済の減速に伴い税収が大幅に落ち込む一方、景気下支えのための財政支出は膨らんでおり、財源を国債増発に頼らざるを得ないためだ。

« 飯島愛、死去 | ホーム | トヨタの営業赤字1,500億円と大政奉還 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ