ホーム  > 気になるニュース  > インタビュー  > 「Voxは、ブログが次のレベルに向かう第一歩」

2006 .11 .20

「Voxは、ブログが次のレベルに向かう第一歩」

「Voxは、ブログが次のレベルに向かう第一歩」--シックス・アパート社長(CNET Japan)
米SixApartの社長兼創業者であるMena Trott氏は11月16日、ブログやSNSのビジネス利用を紹介するイベント「Business Blog & SNS World」の基調講演に登壇。新ブログサービス「Vox」のデモンストレーションと、今後の戦略について語った。
VOX「BUSINESS BLOG & SNS WORLD」開催に合わせてMenaが来日して講演を行いました。「Vox」も日・米・仏の3言語でサービスインしてるのでそれだけ日本というマーケットが有望だということですね。

Six Apart広報ブログによると一般のユーザーに参加を募ってディナーも開いたそうです(チームVoxのブログでも告知してました)。フットワーク軽いなぁ。

有名人・著名人を集めて、とかじゃなくてあくまでも普段Voxを使っている一般のユーザーの声を聞きたい、という趣旨がいいですね。

Voxの特徴や機能については何回か触れたので割愛しますけど、この記事で感銘を受けたのが以下3点。
・ユーザーのデータを“囲い込む”よりも、ユーザー自身がデータをコントロールできるようになることが重要
・ユーザーの数を単に増やすのではなく、アクティブユーザーを増やしていきたい
・急にやってくださいといってブログをやるわけではない。まずはブログを読み、コメントを付ける、そしてブログが簡単なことを知ってもらわなければならない
昨日の「囲い込み戦略」とは真逆だね。

やっぱりネットはオープンなものであり、ユーザーは束縛されずに自分で自由に振舞うものだと思う。もちろん右も左も分からないところではガイドは必要だけど、納得できないで縛られるものではないよな。

そういう意味では企業が発信するサービスやコンテンツは良いものもあるけど、良いサービスやコンテンツが企業からだけしか出てこないわけじゃない。「売り上げのため」て見え見えなのはやっぱり分かるし、気持ちのいいものじゃないからね。
ビジネスモデルとしては広告および、QotDのスポンサーが中心。広告については、あくまでコンテンツの一部としてブログと統合した形で見せるという。ただしVoxは無償で提供するサービスであるため、アフィリエイトへの対応は検討していない。
この心意気はすごく好き。ビジネスとしてどこまでやっていけるのかは注視しなくちゃいけないけど。

ブログを書く第1の目的がアフィリエイトで小遣い稼ぎ、みたいな風潮があるような気がしてちょっとヤだったんだけど「アフィリエイトへの対応は検討していない」って潔さみたいな姿勢はいいですよね。

おいらのVoxもプライベートモードの中身はまあプライベートなりかな、ってところだけど公開してる部分がアレなので。。。

もちょっとちゃんとVoxしてみますかね。

▼関連記事
米Six Apartのミナ・トロット氏が来日。新サービス「Vox」の魅力を語る(Broadband Watch)
アクセス制限で“炎上”防ぐ Six Apart新ブログ「Vox」(ITmedia News)
シックス・アパート関氏が語った新ブログサービス「Vox」のすべて(CNET Japan)

▼関連エントリー
Voxの容量制限
シックス・アパート、SNS要素を備えたブログ「Vox」正式サービス
シックス・アパートが仕掛ける「ブログ+SNS」の新サービス「Vox」

« エビちゃん、チラシのモデル時代語る | ホーム | おばちゃんの値切りはやっぱりすごい »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ