ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 「オペレーション トモダチ」命名秘話

2011 .05 .22

「オペレーション トモダチ」命名秘話

まさかの友こそ真の友…トモダチ作戦命名秘話(YOMIURI ONLINE)
米軍による東日本大震災の被災地支援活動「TOMODACHI(トモダチ)作戦」の命名の経緯が19日、複数の日米関係筋の話でわかった。
「まさかの友こそ真の友」。ヒントは聖書の教えらしいけど、これが「トモダチ」じゃなくて「友人」だったら、だいぶ印象が違ってたかも知れない。それだけ「トモダチ」って秀逸なネーミングでした。

規模は縮小しつつも、いまだもって継続中の「オペレーション トモダチ」。
名付け親は、退役米空軍軍人で、現在、ハワイの米太平洋軍司令部に北東アジア政策課日本担当の職員として勤務しているポール・ウィルコックス氏(54)。日本を全面支援する米政府の方針を受け、作戦にふさわしい名前を司令部内で検討した際、同氏が発案した。
ウィルコックスさんの案を太平洋軍のウィラード司令官が採用してくれたそうです。日本人の記憶にも残るネーミングを採用してくれてありがとうございます。

国家間のオトナの事情もあってのことではあるけれど、特に米軍は圧倒的な人員と装備で目を見張る成果を挙げてくれました。

放射性物質を撒き散らかしたこの国が、これからも「まさかの友こそ真の友」として見てもらえるように、ぼくらは世界と接していかなきゃいけないですね。

▼参考リンク
NavyGear4U
トモダチ作戦-東日本震災在日海兵隊救援活動
Operation Tomodachi(U.S. Pacific Fleet's photostream :Flickr)

▼関連エントリー
「OPERATION ARIGATO」ありがとうを伝えてくれてありがとう
「Operation Tomodachi」ワッペン

« 「地下式原子力発電所政策推進議員連盟」 | ホーム | 新垣結衣と長谷川京子、ユニクロと復興支援商品を共同開発 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ