ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 「地下式原子力発電所政策推進議員連盟」

2011 .05 .21

「地下式原子力発電所政策推進議員連盟」

原発の地下建設推進、議連発足へ 与野党党首ら超党派(asahi.com)
4人の首相経験者や与野党党首が顧問に名を連ねる「地下式原子力発電所政策推進議員連盟」が31日に発足する。表向きは勉強会だが、名前を連ねるベテランの顔ぶれから、大連立や政界再編に向けた布石との臆測も呼びそうだ。
地 下 だ と ?

地下なら爆発しても放射性物質を閉じ込められると思ってるの? 地下水に滲み込むだけじゃね? 地下深くの放射線を計測できるの? つか原発しかないの?

この期に及んでもなお原発ありきの考えなのか・・・
議連の顧問には民主党の鳩山由紀夫氏、羽田孜氏、自民党の森喜朗氏、安倍晋三氏の首相経験者のほか、谷垣禎一総裁、国民新党の亀井静香代表らが名を連ねた。たちあがれ日本の平沼赳夫代表が会長に就いた。
メンツが香ばしすぎて目眩がする。

そこまでの信念なら、次の選挙ではみんなで地下原発を公約に掲げてください。

彼らの名前と考えは絶対、忘れない。

▼関連エントリー
核は、人の手に余るモノ

« ビックカメラ、楽天市場へ出店 | ホーム | 「オペレーション トモダチ」命名秘話 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ