ホーム  > 気になるニュース  > タレント  > 新垣結衣と長谷川京子、ユニクロと復興支援商品を共同開発

2011 .05 .24

新垣結衣と長谷川京子、ユニクロと復興支援商品を共同開発

長谷川京子&新垣結衣、ユニクロと共同開発してチャリティー・コラボ(マイコミジャーナル)
女優の長谷川京子と新垣結衣とユニクロが共同開発した商品が発売されることが18日、明らかになった。
ガッキーとハセキョーがタッグを組むとはすごい企画。

ユニクロ レプロ・ハピチャリ・プロジェクト コラボ

» ユニクロ レプロ・ハピチャリ・プロジェクト コラボ | WOMEN - ユニクロオンラインストア

でもゴメンなさいキャプチャはガッキーだけです…(汗

ユニクロ レプロ・ハピチャリ・プロジェクト コラボ
長谷川と新垣が所属する芸能事務所のレプロエンタテインメントが、東日本大震災で被災した人々を支援する「レプロ・ハピチャリ・プロジェクト」の一環として「ハピチャリ文化部」を立ち上げ、各企業とのチャリティーコラボ商品を販売。その第一弾として、5月21日に新垣がプロデュースしたルームウェア (2,990円)とワンピース(1,990円)が、6月6日には長谷川がプロデュースしたポロシャツとポロワンピース(各1,990円)が、国内のユニクロ全店およびオンラインストアで発売される。
そっか二人は同じ事務所でしたね。

22歳のガッキーは淡い色合いでゆったり、かわいい感じなルームウェア、32歳のハセキョーはハッキリとした色合いで体のラインがきれいに見えるポロシャツと、それぞれの個性が反映されたラインナップ。

ユニクロ レプロ・ハピチャリ・プロジェクト コラボ
今回の企画について、長谷川は「日本の未来である子どもたちに少しでも私の思いが届くことを願っています」と、手描きのデザイン画も描いたという新垣は「こういう機会を作っていただけてありがたく思っています。少しでもこれからを作っていく子どもたちの力になれたらうれしいです。生き生きとした世の中になることを祈っています」とメッセージを寄せている。
被災地への直接の支援だけでなく、こうして消費につながる商品開発でサポートするのもアリですね。

レプロ側の収益はセーブ・ザ・チルドレンや日本赤十字社などを通して全額寄付されるそうです。多くの人に買ってもらえるといいですね。

▼参考リンク
長谷川京子、新垣結衣との共同開発商品発売決定(UNIQLOプレスリリース)

▼関連記事
ハセキョー&ガッキー ユニクロと被災地支援コラボ(Sponichi Annex)
長谷川が体のラインをきれいに見せるポロシャツ、新垣がゆったりした部屋着を考案。収益の全額が、震災被災者ら全国の子供たちの未来への支援金として、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンや日本赤十字社などへ寄付される。


« 「オペレーション トモダチ」命名秘話 | ホーム | ねぶた、竿燈、七夕…東北6県の夏祭りが7月、仙台に集結 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)

かたな:

良く見つけますねー。

ガッキーネタ。

・・・・・。

鼻が利きますからw

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ