ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > 「radiko」、12月より本格運用を開始

2010 .10 .20

「radiko」、12月より本格運用を開始

「radiko」12月から本格運用 ラジオ各局で新会社発足へ(ITmedia News)
ラジオ番組をインターネットで楽しめる試験配信中のサービス「radiko(ラジコ)」について、文化放送の三木明博社長は19日の会見で、試験配信に参加している京阪のラジオ局など14社で近く株式会社を発足させ、12月にラジコの本格運用を始めることを明らかにした。
ラジオをインターネットにも同時配信する「radiko」。試験配信終了後の12月から本格運用を開始するということです。これはうれしい。

現状でもインターネットを通じてノイズのない放送を楽しませてもらってますが、本格運用に際しては新規参入の放送局も加わる見通しだそうです。
ラジコは、3月15日から首都圏や関西の一部地域を対象に始まったインターネット上のラジオ放送サービス。ニッポン放送や文化放送など在京ラジオ7局、ラジオ大阪やFM802など在阪ラジオ6局が、CMも含めて地上波と同じラジオ放送を配信し、人気を集めている。試験配信は当初は8月末で終了予定だったが、11月末まで延長していた。
東京からは大阪の放送が聴取できないといった制約は今後も同じでしょうけど、それでもノイズなく聞けるのは大きな魅力。

radikoのおかげでBGM替わりに流しっぱなしにして聞くラジオの魅力を再認識できた気分です。継続されることになって良かった!

▼参考リンク
radiko.jp

▼関連記事
「radiko」、試験期間を3カ月間延長
ネットでラジオが聴ける「radiko」、配信開始

« 自転車の「聞きながら運転」は5万円以下の罰金 | ホーム | 上場企業のコーポレートサイトにおけるFlash使用は4割弱 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ