ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 自転車の「聞きながら運転」は5万円以下の罰金

2010 .10 .19

自転車の「聞きながら運転」は5万円以下の罰金

イヤホンして自転車禁止です…34都道府県(YOMIURI ONLINE)
イヤホンやヘッドホンで音楽などを聞きながら自転車などを運転することについて、東京や大阪、福岡など34都道府県が、公安委員会規則などで禁止していることが、読売新聞の全国調査で明らかになった。

事故の危険性を懸念する住民からの要望などを踏まえ、過半数の18府県がこの3年間で規則を設けていた。
これは良い調査。

道路交通法では(まだ)禁止されていないものの、都道府県の公安委員会レベルでルールを設けているとのこと。
都道府県の公安委員会は、道交法に基づき、地域の交通事情に応じて施行細則などで規制内容を定めることが可能で、独自に都道府県が禁止の条項を設けている。

条例で定めている京都府を除き、違反した場合は、5万円以下の罰金が科せられる。
「ながら運転」は注意が散漫になるもの。運転者が事故に遭うリスクもさることながら、加害者になる可能性もありえること。

手軽で便利な自転車が規制だらけで不便になってしまわないように、取り締まりの対象としてまだ幾分か緩やかなうちに、モラルを持った運転を習慣付けておいた方がいいですね。

« 出産費用、全国平均は47万3,000円 | ホーム | 「radiko」、12月より本格運用を開始 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)

かたな:

知っていると思いますが、

東京、神奈川、の条例ではオートバイでの
車の間すり抜け禁止ですぞ。

ちょっと手厳しいかな。笑い

自転車の話題でしたね。
確かに怖いのですよイヤホンつけて
かっ飛ばしてくる自転車。

交通弱者のバイクもそうだけど何でも取り締まり
の対象ですね。

渋滞のないトコに住みたいです。。。

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ