ホーム  > 気になるニュース  > google  > 「Googleマップ日本版」ベータ表記が外れ、正式版に

2010 .08 .08

「Googleマップ日本版」ベータ表記が外れ、正式版に

「Google マップ」日本版、5周年を機にベータ版卒業(INTERNET Watch)
グーグル株式会社は6日、地図検索サイト「Google マップ」日本版について、正式版サービスへと移行した。
Googleマップ住所や地名から何か探そうとすると、何はともあれGoogleマップ。そのくらい習慣付いてしまってるけど、まだ5年だったんですね。

でも開発してる側からすれば、もう5年なんでしょうね。たぶんあっという間だったろうな。
「Google マップ」日本版は2005年7月にサービス開始。当初は、住所体系や地図デザインなど、米国生まれの地図サイトを日本向けにローカライズされたサービスにとどまっていたが、その後、米国版にはない日本発の機能を開発したり、表示する情報の拡充、さらには2008年8月には「ストリートビュー」を日本でも公開するなど、この5年の間にサービスの強化・改善を図ってきた。
次々に機能を追加して、単なる地図サービスを超えて進化してきたGoogleマップ。

ストリートヴューのプライバシーには気をつけなきゃいけないけど、これからも(重くならずに)より便利になることを期待してますっ。

▼参考リンク
Google マップ は5歳になりました(Google Japan Blog)

▼関連記事
「Google マップ」日本版の歴代担当者ら、5年にわたる開発の苦労話を語る(INTERNET Watch)

▼関連エントリー
Googleマップに東京の地下鉄時刻表が追加
Googleマップに「徒歩ルート案内」が追加
Googleマップに新幹線の時刻表が追加
Googleマップに「ルート案内」とカーナビ連携機能が追加
Google Mapsの建物名表示が住宅地図並みに

« 今月のbk1ギフト券 | ホーム | アマゾン、翌日指定も可能な「お届け日時指定便」開始 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ