ホーム  > 気になるニュース  > 科学  > 帰還した「はやぶさ」に1ミリ以上の物質は確認できず

2010 .06 .19

帰還した「はやぶさ」に1ミリ以上の物質は確認できず

「はやぶさ」大きな砂粒はなし 簡易検査で判明(MSN産経ニュース)
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日、小惑星探査機「はやぶさ」のカプセル内部をX線で簡易検査したところ、直径1ミリ以上の物質は見つからなかったと発表した。小惑星「イトカワ」の微細な砂が入っている可能性は残っており、今後、カプセルを開封するなどして詳しく調べる。
うーん、残念。まあ1ミリ以上の砂がないことは想定の範囲内だそうです。カプセルが破損してないだけでもスゴイことだしね。

もっと微細な物質ならあるかも知れないけど、判明するには数ヶ月かかるとのこと。まあまあじっくり待とうではありませんか。
日本に到着したカプセルをJAXA調布航空宇宙センター(東京)に運び、X線CT(コンピューター断層撮影装置)を使って試料回収容器の内部を1ミリ間隔で調べた結果、砂などの物質は見つからなかった。
というか調布航空宇宙センターって、ナップス行く時に通ってるあそこなのか。そんな施設とは露知らずでした。。。

▼参考リンク
全天周映像 HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-
はやぶさ、7年間の旅(NEC)

▼関連エントリー
はやぶさ」のカプセル回収完了。破損なし!
おかえりなさい。そして、お疲れさまでした。



« 薬事法改正後、半数の店舗が販売手順を守らず | ホーム | 蚊は26℃以上で血を吸う »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ