ホーム  > 小ネタ  > 蚊は26℃以上で血を吸う

2010 .06 .20

蚊は26℃以上で血を吸う

蚊の発生時期は年々早くなっている?(Excite Bit コネタ)
フマキラーの蚊の関連商品は、「予防商材が売れ筋」ということで、売れ始める時期は「気温によって違う」ということだけど……。実際、蚊が発生し始めるタイミングは、どんなときなのだろうか。たとえば、「○度以上の日が何日か続いた後」など、条件はあるのだろうか。
「虫は自分で体温を作れませんので、やはり暖かくなってきたらということになります。なおかつ、ボウフラは水溜り等に発生しますので、『雨が降って、気温が高い日』というのが、ベストと考えます」
さっそく蚊に刺されはじめたよ。。。

蚊が出てくるのは高温多湿な季節って思ってたけど、「15℃以上で行動を開始して、26℃以上で吸血活動を行う」ってとこまで分かってるんですね。

室内を25℃以下にしてれば良さそうだけど、寝てる間エアコンつけっ放しにはできないものなあ。

うちは隣家との間に土があるので、雨が続くこの季節はぶりぶり蚊が出そう。
これまでにコネタでも取り上げたように、蚊は下水溝や廃タイヤ、竹の切り株など、水のたまる場所を発生源としているため、家の周りにたまった不要な水や雨水は、こまめに捨てることが大切だ。
家の外の環境はなかなか変えられないので、せめて家の中は対策しないと。
早くもバテてるので寝不足はキツイっす。。。



« 帰還した「はやぶさ」に1ミリ以上の物質は確認できず | ホーム | 駐禁の標識、自転車は守らなくてもいい? »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ