ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 免許証見せず、逮捕…されたのは警察官

2009 .12 .09

免許証見せず、逮捕…されたのは警察官

免許証見せず逮捕…されたのは警察官 道交法違反容疑(MSN産経ニュース)
高知県警の20代の男性巡査長が今年9月、オートバイを運転中に岡山県警の警察官から職務質問を受け、免許証を提示しなかったとして道交法違反(免許証不提示)容疑で現行犯逮捕されていたことが2日、高知県警への取材で分かった。
自分が警察官でもタイーホ。まあ公平でいいことだけど。

とは言え逮捕された巡査長、自分が何の違反で捕まったか分からなかったってことですが。
巡査長は免許証を一度渡したものの「ちょっと待って」と取り返した。再提示を求める警察官と押し問答になり、現行犯逮捕された。「どの違反か分からなかったので説明を受けたかった」と話している。自分が警察官であることは告げていたという。
「時間帯規制で左折禁止になっている道路を左折」した違反。警察官でも分かりづらい規制だってことですよね。意味のある規制だったのかなぁ。

▼関連記事
「警官は提示求められまい」無免許・巡査長を懲戒(YOMIURI ONLINE)

▼関連エントリー
兵庫では調書書き換え、東京では事実無根で免許取り消し
交機白バイ隊員、違反速度を偽装

« 「セブンネットショッピング」オープン | ホーム | 新橋のサラリーマン、Twitter利用率は9.7% »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)

かたな:

この巡査長は、自分のミスを隠したかったと言うことですね。

自分が警官で有ることを伝えたことを考えると、
助けて欲しかったのでしょうかね。

警察官にもわかりずらい道交法ですか、
どんな法律ですかね。
ここらで、道交法もかえて、
分かりやすくするべきだと思いますね。


身内でも容赦しなかったという意味では岡山県警グッジョブってことかも分かりませんが、相手が巡査長じゃなければどうなってたんでしょうね。何といっても警察は階級社会なので。

社会正義に則って職務を忠実に実行した、と思いたいところですけど、モノ言える相手だったので点数稼ぎを遂行した、なんて顛末だったら悲しいです。

まあ分かんないですけどね。

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ