ホーム  > オンライン書店・本屋  > 「セブンネットショッピング」オープン

2009 .12 .08

「セブンネットショッピング」オープン

セブン&アイ、ネット通販事業に本格参入(BB Watch)
セブン&アイ・ホールディングスは7日、今後成長が期待されるネット通販事業に本格参入すると発表した。これを受けて、7日付けで同社傘下の事業会社「セブンアンドワイ株式会社」を「株式会社セブンネットショッピング」に社名変更して、8日午前0時(7日深夜24時)から通販サイト「セブンネットショッピング」を開設する。
商品画像が他社に比べて大きいのは見やすくていいですね。でも本の商品詳細ページの表示が遅い…。「この商品を買った人はこちらも買っています」ってあたりのレコメンドが重いくさい。大丈夫か?

家族みんなのセブンネットショッピング!

» セブンネットショッピング
株式会社セブンネットショッピングの代表取締役社長鈴木康弘氏からは、通販サービスの詳細が語られた。従来取り扱っていた書籍・CD・DVDに加え、新たに食品・日用品・ゲーム・おもちゃ類を取り扱うことで11カテゴリ500万アイテムの品揃えになった点をまず強調した。なお送料は注文金額1500円以上で無料となる。
将来的には医薬品やファッション、チケットや旅行関連(宿泊予約?)などもラインナップしていくとのこと。楽天市場並みの品揃えをワンストップで提供となると便利ですね。

ネット販売ではビタミン剤などの「第3類」しか販売できない医薬品も、セブンイレブン店頭なら「第1類」「第2類」に含まれる一般的なかぜ薬も販売できるというのもアドバンテージ。PB(プライベートブランド)商品を大規模に開発・販売できるのも強みでしょうね。
「ネット通販事業」以外の拡大も目指す。具体的には、ネットで受付をして店舗から商品配送するといった「店舗ネットサービス事業」、店頭のATMやコピー機を使って商品・サービスを提供する「情報端末サービス事業」もあわせた3つで、“ネットと店舗の融合”を進めるという。
イー・ショッピング・ブックスから幾多の社名変更を経て、グループEC事業のコアとなった旧セブンアンドワイ。

(「流通クラウドポータル」というのは正直よく分からないけど)アマゾンや楽天に迫ることができるか、はたまた全く異なる価値を提供できるのか。今後に注目です。

▼関連記事
セブン&アイがネット通販に本格進出、2012年に売上高1000億円目指す(ITpro)

▼関連エントリー
セブンアンドワイ、「セブンネットショッピング」へ社名変更
「セブンアンドワイ」、総合型の品揃えに

[追記]
表示が重いなーと思ったら祭りだったんですね。
価格ミスの「イトーヨーカドーネット通販」が閉店 → リニューアルOPEN → また価格ミス → また2ちゃんねるで祭りに(【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´))

いやはやオープン初日から何とも…。

それと、先日ぴあとセブン&アイが資本提携することを発表していました。
2.セブン&アイ、ぴあと業務・資本提携(J-marketing.net)

セブンネットショッピングでのチケット取り扱いは早晩実現しそうですね。

セブンアンドワイ

« うつ病患者数、10年で2.4倍に | ホーム | 免許証見せず、逮捕…されたのは警察官 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ