ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > マック、過去最高の営業利益を受けコーヒー無料を拡大

2009 .08 .10

マック、過去最高の営業利益を受けコーヒー無料を拡大

マック、営業利益33%増 コーヒー無料化、全国に拡大(asahi.com)
日本マクドナルドホールディングスが5日発表した09年6月中間連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比32.8%増の96億円と、中間期としては01年の上場以来最高となった。純利益は株譲渡益があった前年同期より19.2%減の50億円。
減収の気配も何のその、「全店売上高は過去最高、連結営業利益・経常利益は上場来最高」とのこと。

やり方は好きじゃないけど、結果を出すという意味では原田さんのマーケティングはやっぱすごいな…。
同社は7月24日~30日の午前8時~9時に関東地区で1杯120円のコーヒーを無料にしたところ、来店客が約45%増えた点に着目。「下期は新規客の獲得を強化する」(原田泳幸社長)ため、全国に拡大することにした。
無料のエサに食いついたお客さんが45%増えたからって新規獲得に注力するって文脈は謎だけど、それでも来店者は増えるでしょうね。
関西では8月14日から、関東と関西を除く地域では21日からそれぞれ1週間、午前8時~9時にコーヒーを無料にする。関東でも8月末に、無料にする時間帯を夕方に設ける計画という。
マックのサイトではまだスケジュールが明らかになってませんが、この「コーヒー無料1週間」の効果がどれほどなのか知りたいところです。当期の客単価が4.1%増加したってのはグロスの話しなので。

マックといえば日本で最大規模の顧客リーチ率を持ってると思うんだけど、それでも貪欲に新規獲得、規模の拡大を目指す。シェアNo.1の企業が向かう方向性というのは興味深く示唆に富んだものですね。

まあ個人的には食べないんだけど。

▼参考リンク
平成21年12月期第2四半期連結決算状況(日本マクドナルドホールディングス株式会社)

▼関連エントリー
マクドナルドのコーヒー無料は30日まで
マクドナルドはアルバイト確保の力が業界でも卓越している
マックの「クォーターパウンダー」の件



« 雑誌の「ネット配信推進」団体が設立 | ホーム | 他人事じゃない »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)

かたな:

前回は他が良いときそんなことするもんだから、

株価が一気に落ちましたようですよ。

なんですかねー。

どういう事ですかね。
情報をわざとらしくなげかけているのですかね?

上場企業なのであえて株価を落とすことはしないですよね。

ヤラセしちゃうところはキライなんですけど、売上を上げるための徹底力はスゴイと思います。リカバリーに動く行動もすごく早いですし。

原田さんの圧倒的なリーダーシップあってのことなんでしょうね。

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ