ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 大学施設内の標識で誤認検挙

2008 .11 .24

大学施設内の標識で誤認検挙

大学の私設「止まれ」で反則切符 警察誤って取り締まり(asahi.com)
浜松医科大学(浜松市東区)が大学構内に法的拘束力のない「止まれ」の標識を設置したところ、地元の浜松東署員が誤って一時停止違反で学生ら16人に交通反則切符を切っていたことが、18日わかった。県警はすでに違反点数を抹消し、連絡が取れた15人に謝罪。反則金を支払い済みの12人に還付手続きを進めていくという。
標識は「大きさ、色、形とも正式なものと一緒」だったそうなのでちょっとだけ警察も気の毒な気がするけど、誤認検挙は去年の11月から今年の10月まで1年近く続けられていたとのことなので、警察も気がつけよって感じですね。

取り締まりやすい場所だったんでしょうかねぇ。

▼関連エントリー
ニセ標識にご注意を
試験中の取り締まり機で誤認検挙→略式起訴→罰金



« 若者の献血離れが深刻とのこと | ホーム | 「ミシュランガイド東京2009」発表 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ