ホーム  > 気になるニュース  > インターネット , 本や出版のこと  > マイクロソフトの「Live Search Books」が終了

2008 .05 .24

マイクロソフトの「Live Search Books」が終了

MS、書籍検索サービス「Live Search Books」を終了へ(ITmedia News)
米Microsoftは5月23日、書籍検索サービス「Live Search Books」と学術論文検索サービス「Live Search Academic」を終了することを明らかにした。両サイトは来週中に閉鎖される予定。
Google Book Searchに負けじと取り組まれてきたMSの書籍検索が終了とのこと。コストが見合わなかったのかなぁ。

2年と少しの間、デジタル化された書籍データは75万冊、検索にインデックスされた学術論文は実に8,000万件にも及んだそうです。これらのデータは今後、Live Searchに格納され検索結果に活用されるとのこと。

Google Book Searchもそうだけど、開始当初は主に著作権で揉めました。けど、紙よりは保存が効くデジタルデータ化への取り組みは偉業だと思いますよ。
スキャン用の機具はデジタル化パートナー企業や図書館に提供し、書籍デジタル化の継続に役立ててもらう考えだという。
無償で設備を譲渡するといってもスキャニングには人手がいったりするのでMSと同じペースでデジタル化を進めるわけじゃないだろうけど、安い機械ではないと思うし譲り受けた企業や図書館にはマイペースでいいのでスキャニングを続けていってもらいたいですね。

必ず、将来における知の財産になると思うので。

▼関連記事
MicrosoftがLive Search Booksを閉鎖へ。(TechCrunch Japanese)

▼関連エントリー
Google Book Searchのトップに「おすすめ本」
「Google ブック検索」がアップデート

« アマゾンを倉庫がわりにした転売騒動 | ホーム | セブン-イレブンオリジナル書籍シリーズ「ペーパーバックスK」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

アーカイブ