ホーム  > 気になるニュース  > アマゾンを倉庫がわりにした転売騒動

2008 .05 .23

アマゾンを倉庫がわりにした転売騒動

“転売ヤー”に、Amazonが最後通告 Amazonで商品確保、ヤフオク空売り(ITmedia News)
Amazon.co.jpで商品を定価で大量注文し、代金を支払わずに「Yahoo!オークション」に出品して定価以上で販売、Amazonから落札者に直接配送する――そんな手口で利ざやを得ていた“転売ヤー”に対して、Amazon.co.jpが5月21日、最後通告を送った。
事の是非はいわずもがななんだけど、ホントよく考えるよなーと感心半分、あきれ半分。
アマゾン倉庫化ニュースに関して、法人系ニュースサイトの報道と誤解(転売されそうな商品観察blog)さんのエントリーによれば「後払い」だけでなくクレジットカードでも同様の転売ができるそうだけど…。

アマゾンが今まで支払いが済んでいない注文品をキャンセルもせずに確保し続けてきたってのがすごい意外。販売価格にしてみればものすごい機会損失だよねぇ。

某掲示板なんかでは今回のアマゾンの措置でアカウントが停止されることに戦々恐々としてる声が多いんだけど、アマゾンがどうやって「同一人物」であることを識別するのかは興味があるな。氏名も住所もデタラメに登録できるしクレジットカードも複数持てるご時勢だし。う~ん、どうやるんだろ。

▼関連記事
Amazonをレアものの倉庫代わりに、はた迷惑な方法が終了に(やじうまWatch)
アマゾン倉庫化に対してアマゾンから反撃が(転売されそうな商品観察blog)

« 楽天ブックスが配送手数料を値上げ? | ホーム | マイクロソフトの「Live Search Books」が終了 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ