ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 最高気温、記録更新の夏

2007 .09 .04

最高気温、記録更新の夏

暑かったはず 29道府県、101地点で最高気温更新(asahi.com)
気象庁は3日、この夏(6~8月)の天候をまとめた。7月下旬から8月にかけて全国29道府県の101地点で各地点の最高気温が更新された。
9月に入って朝晩涼しくなりましたが、つい2,3日前までは「記録的な猛暑」って毎日のように言ってたんですよね。
国内最高気温の40.9度を記録した埼玉県熊谷市や岐阜県多治見市をはじめ、北海道函館市や和歌山市などで最高気温を観測した。8月13~16日に81点が記録を更新した。
北海道まで暑かったんですよね。

ということで気象庁から「夏(6~8月)の天候」のまとめが発表されています。

「2007年(平成19年)夏(6~8月)の特徴」は以下。
  • 月毎の変動の大きい夏
  • 夏平均では全国高温
  • 8月16日に国内最高気温の記録更新
  • 降水量はばらつきが大きかった
  • 台風の発生は少なく7個だったが、2個が上陸
来年もきっと「毎日暑いな~」って言ってると思うけど振り返られるようにエントリーしておこう。

▼参考リンク
夏(6~8月)の天候(気象庁)
気象庁発表「資料全文」(PDF形式:606KB)

▼関連エントリー
8月は観測史上最も暑かった
猛暑の塩分補給に「熱中飴」
残暑は続くよどこまでも
猛暑もやっと一段落?

« 広がる本屋のポイント制 | ホーム | Amazonは「ポイント3倍」、bk1は「100万ポイント山分け」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ