ホーム  > 気になるニュース  > 猛暑の塩分補給に「熱中飴」

2007 .08 .22

猛暑の塩分補給に「熱中飴」

猛暑、塩分補給に「熱中飴」大人気 建設会社が製造依頼(asahi.com)
暑い今年の夏にあって、1日1万パックを出荷するほど、売れている飴(あめ)がある。その名も「熱中飴」。熱中症を防ぐには塩と水分の補給が必要だが、この飴は塩を大量に練り込んで作られており、建設作業員や、少年野球のチームが大量に購入しているのだ。
これWBSか何かで見たな。確かに炎天下の建設現場だと熱中症対策は必須ですね。

コンビニやスーパーで売ってるそうですけど見たことないなぁ。今年の暑さが尋常じゃないからでしょうけど楽天市場でも軒並み売り切れの模様。。。

エキサイトニュースによるともともと製造元の井関食品が発売していた「石垣島 塩の飴」がベースだそうです。「熱中飴」はこの「石垣島 塩の飴」より塩分量を10倍(一粒あたり0.25グラム)にして、塩辛さを抑えるためレモンの香りを加えた飴とのこと。

今年の暑さでエアコンや扇風機、冷蔵庫、はたまた「歯」の知覚過敏対策の薬用品が売れてるそうですが(冷たいものを摂って歯にしみるため)、「熱中飴」も記憶に残るベストセラーになりそうですね。

▼関連記事
熱中症予防に「熱中飴」(エキサイトニュース)

ガツンと塩辛すっぱい レモン塩味『熱中飴』
内容量:1袋1Kg(約210個) 入り
原材料:「砂糖・水飴・塩・クエン酸・香料

« 残暑は続くよどこまでも | ホーム | Google Mapsがコピペで貼り付けできるようになった! »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ