ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > ガソリン価格10月も下落、激戦区では135円前後

2006 .10 .04

ガソリン価格10月も下落、激戦区では135円前後

ガソリン価格10月も下落、激戦区では135円前後(NIKKEI NET)
ガソリンの小売価格が9月に続き10月も下落した。首都圏や関西の販売激戦区では2日午前、レギュラーガソリンが1カ月前に比べ1―6円安くなり、1リットル135円前後の看板が増えてきた。夏の需要期が過ぎ、需給が緩んだためだ。ただ8月までの上昇が大きかったため、前年同時期よりはなお10円前後高い。
今しがた給油してきました。ESSO千歳烏山SS。場所はこの辺

リッター135円でした。

やっと落ち着いてきたですよ。8月は辛かった。。。クルマで出かけるのも躊躇しましたよ。

このスタンドは多分最安値の部類なので通りがかった際はぜひどうぞ。

▼関連記事
レギュラーガソリン、2週連続で下落(NIKKEI NET)
ガソリン卸値、10カ月ぶり値下げ ジャパンエナジー(asahi.com)

▼関連エントリー
高速道の給油所売り上げ8割増…一般道より割安で急増
ガソリン143.7円、15年ぶり高値更新
ガソリン、高速道路で入れるとお得 上限は137円

« Amazon、ギフト金券「Amazonショッピングカード」をコンビニで発売 | ホーム | なぜmixiはこれほど成功したのか──笠原社長が明かす開発秘話 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ