ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > ガソリン143.7円、15年ぶり高値更新

2006 .08 .14

ガソリン143.7円、15年ぶり高値更新

ガソリン143.7円、15年ぶり高値更新(asahi.com)ガソリンの値上がりが止まらない。石油情報センターが9日発表したガソリンの小売価格調査(7日時点)は、レギュラーの全国平均が1リットル143.7円となり、湾岸危機の90年10~12月に記録した142円を突破。87年の調査開始以来の最高値になった。
これはもう厳しい、というかどこまで上がるんでしょうか。。。真綿で首を絞められるようにジワジワ生活に影響してきてる感じです。

記事によると軽油やガソリンそのものの価格だけでなく、砂糖や食用油、ティッシュペーパーなど家庭紙、紙おむつまで価格が上昇してきているそうです。

70年代オイルショックの再来となってしまうんでしょうか。

砂糖、というのも意外な感じですが、
原因は、原料のサトウキビがガソリンの代替燃料として注目される「バイオエタノール」の原料でもあるためだ。ガソリン価格上昇でサトウキビの需要が高まる、との思惑から砂糖の国際相場が上昇した。
とのこと。なるほど。まだ実用レベルではないのに投機筋の需要判断で相場が引き上げられてしまうのは厳しいですね。

昨日はつかの間のお盆休みということで那須までドライブしてきました。先日、「ガソリン、高速道路で入れるとお得 上限は137円」というエントリーで触れたように、東北自動車道の上河内サービスエリアで給油したんですが確かに1リッター137円でした。おかげで給油行列でしたけど。。。

でも、この価格も今月一杯。来月からは140円台になるんでしょうね。裏技はもうないのかなぁ。ちなみに近所のガソリンスタンドでは11日ころからレギュラーガソリンを1リッター138円に値下げしてました。必死の価格競争といった感じです。

ちなみにR20沿いの千歳烏山付近です。ほぼ最安値だと思うので近くを通られた方はぜひどうぞ。このブログで価格速報をしてみてもいいかも知れませんね。

【関連リンク】
オイルショック(Wikipedia)
e燃費 ガソリン価格地図

« 声優の鈴置洋孝さん死去 「ガンダム」のブライト艦長役 | ホーム | 首都圏で140万戸停電 交通乱れる 送電線に船が接触 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ