ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 首都圏で140万戸停電 交通乱れる 送電線に船が接触

2006 .08 .15

首都圏で140万戸停電 交通乱れる 送電線に船が接触

首都圏で140万戸停電 交通乱れる 送電線に船が接触(asahi.com)14日午前7時半ごろ、東京都と千葉、神奈川両県の一部で大規模な停電が発生した。一時、計140万戸が停電し、JRや私鉄、地下鉄もストップ。信号機が点灯しなくなったり、エレベーターで人が閉じこめられたりする事故も相次いだ。けが人の情報はなく、停電は約3時間後に復旧した。
大変なことがおきてたんですね。14日は9時ころに起きだしてフツーに自宅でネットしてました。。。
停電が起きたのは中央、千代田、新宿、世田谷、渋谷など14区1市(計約97万戸)と横浜、川崎両市(同22万戸)、千葉県浦安、市川の両市(同20万戸)で計約140万戸。停電は同10時44分に解消した。
うちは世田谷区になるんですが、なぜかまったく停電の影響を受けませんでした。ラッキー? でも去年大雨で停電した時は水道もでなくなるし、えらい目にあいましたが。

この停電の影響でJRや地下鉄など各鉄道は軒並みストップ。ゆりかもめやモノレールもダメだったんですね。エレベーター内の閉じこめも相変わらず多発したようです。そして何より怖いのが信号機が消えてしまったこと。警察官はもとよりバス会社の職員さんがボランティアの手信号をしてくれたそうですけど、これがお盆休みでなくて平時の東京だったら交通事故も誘発してたかも知れません。

つくづく東京の人口が少ないこの時期でよかった。。。

東京電力の復旧作業のお陰で停電から3時間弱で復旧、ということにはなりましたがあちこちの報道で送電線や変電所の場所が報じられたので、今後の対策には同様の事故対策以上の想定が必要ですね。テロとかで送電線1箇所破壊すれば首都機能が麻痺してしまうことが知られてしまったので。

▼関連記事
別ルートで送電再開 復旧までは短時間 首都圏広域停電(asahi.com)

身近な電気のクエスチョン
尾崎 功著 / 藤森 礼一郎著
日本電気協会新聞部 (2006.7)
通常1-3週間以内に発送します。

« ガソリン143.7円、15年ぶり高値更新 | ホーム | ついにミクシィが9月14日に東証マザーズ上場 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ