ホーム  > オンライン書店・本屋  > 本や出版のこと  > “ちょいワルオヤジ”岸田氏退社していた

2006 .08 .18

“ちょいワルオヤジ”岸田氏退社していた

“ちょいワルオヤジ”岸田氏退社していた(nikkansports.com)
「ちょいワルオヤジ」などの流行語を生んだ雑誌LEONの岸田一郎元編集長(55)が、14日付で主婦と生活社を退社していたことが分かった。15日に都内で映画「マイアミ・バイス」の試写会に参加し「円満退社しました」と明らかにした。
あれ、もう辞めてたんですね。当初は9月に退社予定と報じられていたので少し早まった感じですか。推測でしかないですけど、円満退社、かなぁ。。。

9月には「出版物とウェブを中心にした新会社設立」を発表するとのことなのでどこか別の会社に引き抜かれたという訳ではないようですね。やっぱり「雑誌+ネット」というクロスメディアを目指す模様。
最後の仕事となるはずだった9月下旬記念号の編集については「校了まではできませんでした」と話した。
とのことでドタバタな退社劇だったかも。注目されてる人物なだけに去り際はスマートであって欲しかった気もしますが。

まぁ辞める理由としては、引き抜かれるより自分で会社を立ち上げるほうがカドは立たないでしょうね。

LEONを共に創ってきたスタッフも4、5人岸田氏についていくそうなので、これからどんなことをしてくれるのか、ちょっと注目です。

▼関連エントリー
ちょいワル編集長モテモテで!?退社
ちょいワル編集長10日間の出社停止

« ついにミクシィが9月14日に東証マザーズ上場 | ホーム | AjaxなどのWebアプリケーション比較サイト「AJAX格付け!」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ