ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 「生活の党」

2012 .12 .27

「生活の党」

未来が分裂 「生活の党」代表に森裕子氏(日本経済新聞)
日本未来の党は27日の両院議員総会で、党を2つに割ることを決めた。党名を「生活の党」とし、代表を嘉田由紀子滋賀県知事から森裕子参院議員に変更すると総務相へ届け出た。森氏ら旧「国民の生活が第一」の所属議員が党に残り、嘉田氏と社民党から合流した阿部知子氏は党を離れる。
嘉田さん、追い出されちゃいましたね。まあ応援してたわけでもないので別にいいんだけど、小沢党成立のためにいいように利用されてしまったのは残念でならない。

衆人環視の中で歴史に残る泥仕合を演じてくれた小沢センセーには怒りを通り越して感嘆の思いすら抱きます。けど政党交付金は税金のムダとしか思えない。返せ。

来年の参院選で全員落ちたとしても衆院議員が9人いるから政党ではあり続けるんだよなあ。まだ小沢センセーを支持する層っているんだろうか。つか何のために議員してるんだろ。本心からと思える政策も将来のビジョンも、まるで見えないまま。
未来は旧生活代表の小沢一郎氏の処遇を巡って嘉田氏側と小沢系議員が対立。衆院選惨敗を受けて小沢系議員からは「嘉田氏を担ぐ意味がなくなった」との声が出ていた。小沢氏に近かった海江田万里氏が代表に就いた民主党との連携を視野に、事実上の分裂に動いた格好だ。阿部氏は当面、無所属で活動する見通し。
「担ぐ意味がなくなった」とは率直。そんなんだから自民にボロ負けしたんだよ。

せっかく野田さんが小沢センセー(とポッポ)を権力から遠ざけた功績はムダにして欲しくない。対抗勢力の政策に異を唱え、民意を煽って集票・集金マシーンとして議席(=権力)を獲得する──小沢センセーはそうした選挙ゲームに興じてるようにしか見えないのです。心あるなら私財を寄付でもして引退して下さい今すぐに。


» 国民の生活が第一

▼関連記事
未来:「生活の党」に…嘉田氏離脱 小沢氏側に交付金(毎日jp)
未来の国会議員は衆院9人、参院8人の計17人だが、亀井静香氏が27日に離党届を提出。小沢一郎氏ら旧「国民の生活が第一」系の15議員が未来を引き継ぐ
嘉田氏が新設する政治団体は政党要件(国会議員が5人以上)を満たさないため政党交付金は受け取れない。未来に配分されるはずだった13年分の政党交付金約8億6500万円のほとんどを生活が受け取ることになる。
小沢氏また決別、7度目の党は7人(日本経済新聞)
1993年に竹下派分裂の同志である衆院36人、参院8人を中核に自民党を離党し、新生党で非自民政権をつくった小沢氏が所属する党はその後、新進党―自由党―民主党―国民の生活が第一―未来と、分裂のたびに党名が変わってきた。
行き着く先は「カネ」 日本未来の党、“野合”1カ月で幕(MSN産経ニュース)
 「海江田万里8票プラスさせていただきました!」

日本未来は26日に参院で行われた首相指名選挙の決選投票で、8人全員が海江田氏に票を投じている。森氏のパフォーマンスは、小沢氏側と民主党が手を握る新たな“野合”を想像させるものだった。
日本未来、分党を決定 嘉田代表と小沢系が対立 結党から1カ月で分裂(MSN産経ニュース)
決着を急いだ背景には政党交付金の問題がある。交付金の算定基準日は1月1日で、その時点の国会議員数などに応じて額が決まる。次の基準日は夏の参院選後となるため、年内に新党を結成しなければ参院選までの間、支給されない。
「未来の党」の自滅 問われるべき脱原発政党の中身(農と島のありんくりん)

▼関連エントリー
自民党、圧勝

« iPhone用Googleマップアプリを活用する10通りの方法 | ホーム | 楽天ブックスのFacebookキャンペーン結果が率直すぎる件 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ