ホーム  > 気になるニュース  > apple  > アップルCEO、iOS 6マップの不具合を公式に謝罪

2012 .09 .29

アップルCEO、iOS 6マップの不具合を公式に謝罪

アップル、iOS 6 マップの不出来を謝罪。他社製品を勧める(Engadget Japanese)
データの怪しさや機能不足で絶不評の iOS 6「マップ」アプリについて、アップルが品質問題を認めユーザーに謝罪する文書を公開しました。CEO ティム・クックの名前で公表されたのは、「A Letter to Our Customers Regarding Maps」(マップについてのお客様への手紙)。
ネタとしては楽しめるものの、実用性では非難轟々となってしまったiOS 6のアップル純正マップについて、アップルからCEO(最高経営責任者)の署名レターとして公式の謝罪が出されました。

» マップについてのTim Cookからのメッセージ(アップル)
» A letter from Tim Cook on Maps(Apple)

アメリカのビジネスシーンでは企業へのクレームや訴訟リスクに対してのノウハウが蓄積されており、こうした事態においても社内では冷静に対処されているもの。

なので、いわゆる誠意の真意は窺い知れませんが、それでもとりあえずの対案として「地図マピオン」、「地図 Yahoo!ロコ」などの他社製品を紹介せざるを得ない文面というのは、アップルにとって少なからず屈辱的なこととなったでしょう。
私たちがマップの改良に取り組んでいる間、皆様にはApp Storeから「地図マピオン」、「地図 Yahoo!ロコ」などの地図アプリケーションをダウンロードしていただけます。Googleマップのウェブサイトにアクセスして、そのアイコンをホーム画面に作成し、マップを使うこともできます。
※アップルジャパンのレター文面から引用。当然、英語版ではBingやMapQuest、Wazeといった英語圏ロケールの地図アプリを紹介しています。

とはいえ、いくら代替アプリを紹介したところでOSネイティブの地図はいろんなアプリが参照しちゃうんですよね。代替アプリは地図単体でしか使いようがない。

もはや不満を解消するにはアップル純正マップの精度を1日も早く上げるか、Googleが1日も早くiOS 6向けのGoogleマップアプリをリリースしてくれるかしかなく。

(背面の質感は好みとして微妙だけど)実機を手にしてみるとiPhone5に興味が惹かれるところもあるので、なる早の対処をお願いしたいところです。

▼関連記事
アップル、App Store に他社の地図アプリ紹介コーナーを開設(Engadget Japanese)
日本の App Store で iPhone 向けとして選ばれたのは、

地図マピオン (無料)

地図 Yahoo! ロコ (無料)

MapFan for iPhone (2300円。サイズ約1.9GBの全国詳細ローカル地図)

いつもNAVI (800円。利用期間1年経過後は有料チケット制。有料アドオン)

NAVITIME for iPhone (無料。お試し期間後は有料チケット制)
▼関連エントリー
総統閣下もiOS 6の地図アプリ改善を切望しておいでのようです。
帰ってきて、Googleマップ…

Mapion・日本一の地図システムの作り方 (Software Design plus)
株式会社マピオン 山岸 靖典 谷内 栄樹 本城 博昭 長谷川 行雄 中村 和也 松浦 慎平 佐藤 亜矢子
技術評論社
売り上げランキング: 1929


« 「空想製本屋」──本の仕立直しをお願いできる製本屋さん | ホーム | NTTデータとTwitterが提携、全ツイートが第三者へ売買可能に »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ