ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > ホットランド、石巻に本社を移転

2011 .09 .08

ホットランド、石巻に本社を移転

「築地銀だこ」石巻に本社 11月めど移転100人雇用(河北新報)
たこ焼きチェーン「築地銀だこ」などを運営するホットランドは6日、本社を群馬県桐生市から宮城県石巻市に11月をめどに移すと明らかにした。タコの加工工場も石巻市内に新設し、被災地の雇用創出を図る。
まだまだ余震が続く被災地に本社を移転ってスゴイ。

本社移転は今後のビジネスモデル確立の一環ということだけど、逆ザヤ過ぎるというか、その一言ではちょっと理解しがたい。もちろんウェルカムなことですけど。
新本社はホット横丁に隣接する事務所に置く。正社員、パートなど計約100人を採用。業態開発や人材教育などを手掛ける。現在の本社所在地には工場や物流機能を残し、社員約20人の雇用も継続するという。
すでに先月オープンした「ホット横丁石巻」でも約100人を雇用したということなので、本社移転で計200人。それに加工工場の雇用も加わるわけなので、地元にとってはすごくありがたいことです。
広報担当者は「本社移転は雇用創出の一環で決めた。新工場では水産加工が盛んな地元の人々の技術を活用したい。横丁は今後、東北の他地域や首都圏での展開を目指す」と説明している。
他地域での展開…。なるほど、だからホット横のURLは石巻がサブドメインなのか。

それはさておき、被災地の多くの人が将来に不安を感じている。なにより収入の糧。

将来が不安。だから継続的な収入を得たい。だから働きたい。

不安な日々の中、労働によって収入を得ようと考える日本人(高齢者だってすごく多い)って、ほんと愚直なほどにマジメだなって思う。愛すべきことだけどね。

今はまだ自立には程遠い状況ではあるけど、雇用創出という支援のあり方は現地のニーズにとっても理にかなっていること。できればホットランドに続く企業が現れて欲しいな。もちろん石巻以外の地域にも。

やはりお盆に帰省した時、「ホット横丁石巻」に寄れなかったのが悔やまれます。
暑さと湿気で体調を崩しちゃったんですよね。

ともあれ、ホットランドの今後の取り組みは注視していきたいところです。

▼参考リンク
ホット横丁石巻

▼関連エントリー
復興商店街「ホット横丁石巻」オープン

« 楽天イーグルス・星野監督、来年も続投へ | ホーム | テレ東、テレビCMをネット配信へ »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ