ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 復興商店街「ホット横丁石巻」オープン

2011 .07 .28

復興商店街「ホット横丁石巻」オープン

石巻に復興商店街「ホット横丁石巻」-飲食店やカラオケなど11店舗(仙台経済新聞)
宮城県石巻市に7月30日、復興商店街「ホット横丁石巻」(石巻市大街道北1)がプレオープンする。
7月30日(土)から8月7日(日)まではプレオープン期間として15時から23時(予定)までの短縮営業、8月8日(月)がグランドオープンになるそうです。

ホット横丁石巻

» ホット横丁石巻
「築地銀だこ」を全国展開するホットランド(本社=群馬県桐生市)が主体となり立ち上げた東北応援プロジェクト「明日もがんばろう!」の中核事業として開業。「一過性のボランティアだけではなく、事業として継続的に被災地を下支えしていくことが必要」との考えの下、同社が日本製粉(東京都渋谷区)など賛同企業と共に設立したホット横丁(同所)が運営を手掛ける。
三陸道のインターに隣接し、イオンを中核とした多くの商業施設や日赤病院を擁して人口の集積地となった蛇田地区-いわゆる「新市街」であれば、津波の被害も免れた地域。けれど「ホット横丁石巻」がオープンするのは大街道地区。津波と火災で壊滅的な打撃を受けた門脇地区が目と鼻の先に位置する、いわゆる「旧市街」の部類に入る地域です。敢えてこうした立地にオープンするところに意気込みを感じます。
敷地面積は約800坪。開設までの早さを重視し、17台のトレーラーハウスで構成する。出店するのは、たこ焼き専門店「築地銀だこ」、かき氷・アイスキャンディー専門店「銀のあん」、ベーカリーショップ「さわだベーカリー」、お好み焼き・焼きそば専門店「しげちゃん」、大衆食堂「大衆飯処石巻食堂」、弁当店「スマイル弁当」、炉端焼き専門店「炉端焼ふるさと」、カラオケ店「カラオケ本舗まねきねこ」スポーツショップ「SPOLABo」、音楽ショップ「近藤レコード」、屋外映画館「石巻キネマパラダイス」の11店。
テナントのラインナップを見ると小さい子どもがいるファミリー層に人気が出そうです。心にストレスを負ってしまった子どもたちが楽しめる場所になればいいなあ。

たくさんの人たちに助けられながらも、地元の人たち自らが動かなければ、自分たちの地域社会は取り戻せない。そのためには継続的なサポートが必要です。

被災地支援のあり方の一つとして、「ホット横丁石巻」は興味深い事例になりそうです。帰省した時に寄ってみよう。

▼参考リンク
ホット横丁石巻
この復興商店街には、16台のトレーラーハウスを用いて、焼きたてパンを届けるベーカリー店、地元食材を使ったメニューや、被災した食堂の名物メニューなどを再現した大衆食堂や炉端焼き店、弁当店のほか、築地銀だこ、銀のあんも出店予定。さらに、アミューズメント&エンターテインメントスペースではカラオケ店や音楽ショップ、スポーツショップなどを設置し、誰もが飲食、音楽、スポーツなどを通じて楽しめる空間を目指していきます。
ホット横丁石巻では、地元の方々の営業再開支援、被災地復興への協力・支援、未来の担い手となる子供たちの育成、そして被災地での雇用創出を目指すとともに、市民の皆さんにとともに「明日もがんばろう!」を合言葉に盛り上げていきたいと思っております。そして、この小さな箱に、大きな夢を詰めていきたいと思っています。

« Googleストリートビュー、PCや携帯電話の位置情報を収集 | ホーム | 国会での上着着用は「義務」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ