ホーム  > 気になるニュース  > 広告  > テレ東、テレビCMをネット配信へ

2011 .09 .09

テレ東、テレビCMをネット配信へ

テレビ東京、CMをネット配信へ(ITmedia ニュース)
テレビ東京は、放送したテレビCMを視聴者がネットで繰り返し見ることができる新サービスを10月3日から始める。
これは灯台下暗しというか、ありそうでなかった至極真っ当なサービス。
CMerTV(東京都千代田区)と業務提携し、同社のサーバを通じてテレビ東京公式サイト内の特設サイトで配信。CMを何度でも繰り返し視聴でき、CMを見ながら企業サイトやキャンペーンサイトで商品購入、資料請求などができるという。
番組目当てでテレビを見てる時って、つくづくCMが邪魔に思うもの。でも、商品だったり出演してるタレントだったりCMソングだったり、気になるCMも多いもの。

今までは、見返したくても録画してなきゃ見られなかったCM。じっくり見ることができるのは機会損失の解消になりますね。
CMerTVは10月3日にポータルサイト「CMerTV」をオープンする。日本音楽著作権協会(JASRAC)と動画CMの配信について包括的な使用料支払いに合意しており、CMerTVのサーバから動画CMを配信することで、使用楽曲が権利処理された形でCMをソーシャルメディア内で共有・拡散するといったことが可能になるとしている。
ありそうでなかったのは色んな権利が入り組んでいるのが原因のようです。

ネットであればPCやUU、CTR(場合によってはCVRも)とか成果指標となる様々なデータが取れるので、出稿側の企業にとってもメリットではないでしょうか。

ネット経由というバイアスはかかるものの、もっと広がってもいい手法ですね。

▼参考リンク
株式会社テレビ東京との業務提携決定のお知らせ(株式会社CMerTV)
これまで、動画CMをインターネット上で配信する場合、音楽の権利処理で別途使用料を支払う必要がありましたが、CMerTVでは、インターネット媒体として初めて(社)日本音楽著作権協会(以下、JASRAC)と動画CMの配信に関する包括的な使用料の支払いに合意いたしました。また、他複数の著作権管理団体とも許諾契約を行っております。

上記の合意を受け、今後CMerTVのサーバーから動画CMを配信することで、使用楽曲が権利処理された動画CMの URLをメールで送ったり、Facebook等SNSで共有したりなど、オンラインメディアへの拡散が可能になります。まさに、テレビCMを起点にオンラインメディアへのCM拡散を促進し、視聴者の接触機会拡大につなげることで動画CMの再価値化を図りたいと考えております。



« ホットランド、石巻に本社を移転 | ホーム | GoogleによるZagat Surveyの買収額は97億円 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)

かたな:

こんにちは

えー、今一よく分かりませんが、
tvコマーシャルが見られると言うこと?

何が面白いのか?分からないのですが・・・。

震災の時cmの代わりのacのコマーシャルの代わり
だけでもウザイと言われているのに、
 さっぱりついていけません。


こんばんは。

個人的に思ったことは書いた通りです。

ついてかなくても別に支障は出ないし、ついてく必要もないですよ。
ぼくみたいな興味がある向きには便利だなってだけです。

だから彼らからすれば、「バイアスかかってる」って前提が必要なんですよね。

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ