ホーム  > 気になるニュース  > google  > GoogleによるZagat Surveyの買収額は97億円

2011 .09 .10

GoogleによるZagat Surveyの買収額は97億円

ザガット・サーベイの買収額は97億円だった(YUCASEE MEDIA)
米インターネット検索最大手グーグルが、ザガット・サーベイを買収した額は1億2500万ドル(約97億円)だったことが10日わかった。
機械的なロジックや広告出稿に依存しない情報の対価が97億円─。

消費者のレビューによる膨大なコンテンツの対価として妥当な額かどうかは分かりませんが、Googleはまた一つ強力なコンテンツを手に入れましたね。

いまやクーポンサービスも保有するGoogleの意図─ザガット買収によって手にするレストランガイドなどのコンテンツを検索やGoogleマップに組み込んでいく─検索をハブに、ますます事業領域を拡張しています。
このデイールは1億ドル~1億5000万ドルの範囲内ではないかとの見方があった。というのもザガットは、08年に創業者が2億ドルでの売却を望んでいたものの、その話はいったん立ち消えとなっていた。

ただ、ローカル広告市場の開拓を推進しているグーグルにとっては欲しい企業でもあり、3年前の試算よりも安く買えたことは大きいだろう。
検索とは、興味ある情報に行き着くためのプロセス。

Googleはヒトが求める情報に行き着く経路に収益機会を見出すチカラに長けてる。
それが彼らの競争力の源泉。ほんと見事に単なる検索エンジンから脱皮しました。

そんなGoogleでも人力が関わるサービスは得てして上手くいかないというジンクスがあります。ヒトが集めたり編集したりするコンテンツには、まだまだ機械的なコンテンツにはない魅力があるんですね(ソーシャルメディアの全肯定はしないけど)。

高度なロジックと人手を介したコンテンツがどんな形で現れるのか。

ザガット・サーベイを組み込んたGoogleマップのリリースが楽しみです。

▼関連記事
米Google、レストランガイド「Zagat」を買収~Googleマップなどに情報を統合(INTERNET Watch)
Zagatは、レストランやショッピングなど13カテゴリー、100都市におけるガイドブックとして米国で高く評価されており、32年間にわたって発行されている。Zagatは、消費者に対するアンケートを詳細に解析することによって評価を付け、その品質は高く評価されている。現在では当初の書籍だけでなく、ウェブサイト、ウェブコミュニティ、モバイルアプリなどでも情報を提供している。
この買収は、Googleがコンテンツビジネスに参入することを明確にした。

ザガットサーベイ 東京のレストラン〈2011〉

CHINTAI
売り上げランキング: 9337


[追記]
10月27日の記事として、正確な買収金額が明らかになりました。
グーグル、レストランガイドZagatの買収金額は1億5100万ドル(CNET Japan)
Googleは、米証券取引委員会(SEC)に提出した報告書の中で、レストラン評価サービスZagatの買収金額が1億5100万ドルであることを明らかにした。米国時間10月26日、The Associated Press(AP)が最初にこのニュースを伝えている。Googleは9月にこの買収計画を発表していたが、金額は明らかにしていなかった。
いずれにせよ、大きな買いものですねぇ。

« テレ東、テレビCMをネット配信へ | ホーム | 『河北新報 特別縮刷版』3.11東日本大震災1ヵ月の記録 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ