ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 高速の「休日1,000円」、6月中に廃止へ

2011 .04 .24

高速の「休日1,000円」、6月中に廃止へ

高速道の休日1000円、6月にも廃止へ 時間帯割引は継続(MSN産経ニュース)
大畠章宏国土交通相は22日の記者会見で、2011年度第1次補正予算案の財源を確保するため、高速道の無料化社会実験に加え、普通車について平日2000円を上限とするといった新割引制度の導入を見送ることを表明した。これらにより、計3500億円の財源を捻出するとしている。
巨額の予算を投じた高速道路無料化の社会実験が終了とのこと。
また、現行の「休日1000円乗り放題」の割引制度も、システム変更が終了する6月中にも廃止する考えを示した。平日昼間の3割引などの時間帯割引は当面継続する。
予算を震災対策に充てるのは全然いいと思うけど、元々は景気対策として充てがわれていたぼくらの税金。
高速の新料金割引や休日1000円のサービスなどは、自公政権下で確保された利便増進費用の残り、2兆円を3年で使い切る計画で進められていた。料金割引やスマートIC整備以外の用途に転用するには、関連法の改正が必要で、政府・与党で法案提出の調整を進めている。
ETC整備に関与した業界だけが「おいしかったです。ごちそうさまでした。」とならないよう、バランス良く配分されることを期待したいです。

エリアで割引きするよりか、物流業界を割り引いた方がいいと思いますけどね。

▼関連エントリー
高速料金、4月からETCがなくても平日は上限2,000円に
高速料金、休日1,000円は継続、平日は上限2,000円に

« 「ぴあ」首都圏版、休刊 | ホーム | Firefoxアドオン「英辞郎 on the WEB」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ