ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 高速料金、休日1,000円は継続、平日は上限2,000円に

2010 .12 .27

高速料金、休日1,000円は継続、平日は上限2,000円に

普通車の高速道路料金上限、休日1,000円は継続、平日は2,000円に(マイコミジャーナル)
国土交通省は12月24日、高速道路の料金制度について、当面は国民の負担を増やさないことを原則に、これまでの普通車の土日祝日の上限1,000円の制度を継続、平日は2,000円を上限とすることを発表した。
「国民の負担を増やさない」って、財源は巡り巡って税金なんだけどね。

道路を作るのも税金、道路を使うのも税金。ガソリン代の半分も税金。
それを忘れちゃいけない。
高速道路において、貨物車には上限制が適用されず、現在の割引制度が継続される。
何度も書いたけど、物流経費が削減できる方が経済効果はあると思うけどなあ。
何か根拠があってコンシューマー向けの対策しかしないんだろうか。

まさか票欲しさ?

▼関連記事
高速新料金、平日上限2000円休日1000円 国交相と民主党が合意(ZAKZAK)
馬淵澄夫国土交通相は24日、高速道路の新料金について民主党の玄葉光一郎政調会長らと会談し、普通車の上限料金を平日2000円、土日・祝日(休日)は1000円などとすることで合意した。当初廃止予定だった休日1000円の継続で割引財源を予定より早く使い切ることになるが、新料金の実施期間は2年以上としたい考え。新料金の対象は自動料金収受システム(ETC)の搭載車に限定する方向で、原則として来年4月からの導入を目指して準備を急ぐ。

割引に必要な予算は自公政権下で確保した財源を前倒しして活用するが、新料金終了後の制度は白紙で、来春の統一地方選を意識したばらまきとの批判が出るのは必至。実現が極めて難しくなっている無料化政策との整合性も問われそうだ。

« 海上自衛隊公式iPhoneアプリ「SALUTE TRAINER」 | ホーム | ガッキー「着ボイス」よりかも「女子旅 in Hawaii」のがいい »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ