ホーム  > 小ネタ  > 「ビスケット」と「クッキー」は何が違う?

2011 .03 .01

「ビスケット」と「クッキー」は何が違う?

ところで、ビスケット、クッキー、サブレ、クラッカーの違いって?(web R25)
そもそもビスケットは、似たようなイメージのあるクッキーとどう違うのか、という疑問も湧いてきた。ほかにも、サブレや、クラッカーなども違いがよく分からない。全国ビスケット協会の事務局長、新井一男氏にもろもろ質問をぶつけてみた。
この手のうんちくは好物。でもなかなか覚えておけないのでメモしとくのです。

で、本題のビスケットとクッキーの違いはというと、、、
「まずビスケットの定義を簡単に言いますと、『小麦粉、糖類、食用油脂、食塩を原料にしており、必要に応じて乳製品や膨張剤などを加え、混合機、成形機、ビスケットオーブンを使用して製造したもの』。ビスケットはパイ、プレッツェル、乾パンなどを含む、それらの総称なのです。ビスケットのうち、糖分と脂肪分の合計が40%以上で、見た目が手作り風のものをクッキーと表示できるという決まりになっています」
なるほど「ビスケット」ってずいぶん広義なんですね。しかし「見た目が手作り風」ってクッキーの定義はずいぶんとアバウトな感じに思えたり思えなかったり。

サブレとクラッカーの違いは、も少し腑に落ちる感じです。
「ともにビスケットの一種にあたるのですが、サブレは、フランスの町の名前に由来するクッキーの仲間で、よりバターを多く含ませることで、サックリとした食感を楽しめるものです。クラッカーは、ビスケットを作る生地にイーストを使って発酵させたものを、高温で短時間に焼き上げたもの。軽い口あたりが特徴です」
鳩サブレーリッツをイメージすると分かりやすいですかね。

まあ由来が違うからうまくまとめようもないんだろうけど、日本にいながら色んなお菓子が楽しめるってのは幸せなことですね。

というわけでマクビティ好きの備忘録エントリーでした。

▼関連エントリー
「ざるそば」と「もりそば」は何が違う?

« 電通がFacebookと業務提携、「プレミア広告枠」の独占販売も | ホーム | 「目力」アップもバランス良く »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ