ホーム  > 気になるニュース  > 子育て  > 「こども園」構想、幼保一体は困難か

2010 .11 .13

「こども園」構想、幼保一体は困難か

幼保一体化、幼稚園存続案も 内閣府、こども園反発受け(asahi.com)
幼稚園と保育所を統合する幼保一体化構想で、内閣府が検討している素案が明らかになった。当初は幼稚園と保育所の制度廃止を前提に、すべて「こども園」(仮称)に統合する案を打ち出したが、反発が強いため幼稚園などを存続させる案も浮上。
発表から2週間足らずで方向転換。早いなぁ。
幼稚園と保育所の制度を廃止する案には、「一体化で優れた幼児教育が途絶える」(全国国公立幼稚園長会)などの懸念が出た。さらに、地域の実情や保護者のニーズに対応する必要性から、こども園以外の形態を設ける検討に入った。
方向修正は早い方がいいけど、2週間足らずで方向性がぶれるとなると、見切り発車の感が否めない。
看板かけかえ案では、すべての施設は制度上、こども園になるが、幼稚園や保育所と名乗ることもできる。存続案では、名称をこども園に統一したうえで幼稚園・保育所を残す案と、こども園、幼稚園、保育所の3者を併存させる案がある。このほか、保育所をこども園に移行し、幼稚園だけ存続させる案も示される。いずれも、幼保一体化の理念は薄れることになる。
当初の「こども園一本化」案を5パターンに分けて検討ですって。

子育てだけで目一杯になるんだから、シンプルな制度にして欲しいですわ。

▼関連エントリー
幼稚園と保育所が廃止され、「こども園」として統合

« Google、全従業員2万5,000人に10%の昇給を実施 | ホーム | たばこのパッケージに、「あなたを殺す」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ