ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 首都圏の鉄道遅延・運休、過半数の原因は「自殺」

2009 .12 .24

首都圏の鉄道遅延・運休、過半数の原因は「自殺」

鉄道遅れ4万本、半数超が自殺原因…首都圏(YOMIURI ONLINE)
首都圏の鉄道の運休や遅れの本数が昨年度、4万600本に達し、その半数以上が自殺に起因することが、国土交通省の調査で明らかになった。
電車の利用者としては甚だしく迷惑な話しだし、父親が知らんうちにウツになって突発的に首吊られてしまったひととしては身につまされる話し。
トラブルそのものの件数は、05年度をピークに徐々に減っており、08年度は前年度より20件少ない679件だった。ただ、自殺の場合、08年度は前年度より19件多い307件となるなど、ほかの原因によるトラブル件数が減る中で唯一増え続けている。
車両・設備の故障はある程度防げても、外部要因となるとなかなか改善は難しい。

つかなんで電車に飛び込むんだろう。そういう精神状態のひとは「吸い込まれるような感覚」に見舞われるとは聞くけど。

まずね、ちょっとでも不安に苛まれたら「生きテク」さんを覗いてみて。自分の悩みは決して自分だけのものじゃないから。

人類の歴史からしたら、自分と同じ悩みを持ったひとなんて確実にいるわけです。
一人じゃないことを知るだけでもだいぶ気持ちが落ち着くと思いますよ。

生きテク 死ぬ技術はもういらない、生きるテクを大公開

▼関連エントリー
2009年の自殺者数、過去最悪ペース

生きテク
生きテク
posted with amazlet at 09.12.24
生きテクプロジェクト
PHP研究所
売り上げランキング: 56869
おすすめ度の平均: 4.5
5 すべてのひとに
4 死なないでいる技術


« 電通、ネットで地域広告を扱う新会社「あどえりあ」設立 | ホーム | 気象庁、桜の開花予想を終了 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ